ゴツい新型軽SUV「タフト」、軽の常識を超える装備多数で6月登場! 驚きの装備とは

ダイハツは新型軽SUV「タフト」の新たな情報を2020年4月20日に公開しました。新型タフトはどのような装備を搭載して登場するのでしょうか。

大型ガラスルーフ「スカイフィールトップ」は、なんと全車標準装備!

 ダイハツは、2020年6月に発売予定の新型「タフト」の新たな情報を公開しました。人気の軽SUV市場に登場する新型タフトには、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

2020年6月発売予定のダイハツ新型「タフト」
2020年6月発売予定のダイハツ新型「タフト」

 新型タフトは、2020年1月の東京オートサロン2020で市販予定のあるコンセプトモデルとして登場。その後、同年4月1日には先行予約が開始され、ユーザーの期待が高まっています。

 ダイハツによると、新型タフトの開発にあたりイメージしたのは、「バックパック」だといいます。軽くて丈夫、かつ動きやすいという特徴を備えるバックパックに見立てて、アクティブに活動できる軽快さと荷物を沢山運べる機能が両立されました。

 外観は、レジャーに出かけたくなる頼もしさが感じられるデザインを追求。カクカクしたボディラインや190mmという高めの最低地上高、165/65R15の大径タイヤの採用により、軽自動車の枠を超えた存在感が演出されています。

 さらに、フロントグリルとリヤガーニッシュにメッキが施される「メッキパック」をディーラーオプションで用意。フロント部はダイハツのエンブレムに代わって「TAFT」の文字が大きくデザインされ、上質さとクールさに満ちたスタイルとなります。

 なお、東京オートサロン2020で展示されたコンセプトモデルに近いのはメッキパック装着車のデザインです。

 ボディカラーは「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」の新色3つを含む全9色がラインナップされました。

 内装を見ると、日常生活やレジャーシーンで便利につかえる工夫が数多く施されています。

 前席は「クルースペース」と名付けられた空間で、開放感あるデザインと使いやすい収納が特徴です。ルーフには、新型タフト独自の開放感を生み出すガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備。軽自動車だけでなく登録車でもあまり見られない大型のガラスルーフが、車内を明るい光で満たします。

 一方、後席と荷室は「フレキシブルスペース」という空間が設けられています。リアシートを前に倒すと荷室部分と段差のないフラットな空間が生まれ、大きな荷物も積載可能となることが特徴で、シートバックには汚れにくい加工が施されています。

 荷室部分はフレキシブルボードで仕切られ、ボードを下げたり立て掛けたりすることで、背の高い荷物を積みやすくすることも可能です。もちろん、リアシートとしても快適に座ることができます。

 搭載されるパワートレインは660cc自然吸気/ターボエンジンの2種類で、組み合わされるトランスミッションはCVTのみ、駆動方式は2WD/4WDのいずれかです。

 ちなみに、ダイハツ初となる電動パーキングブレーキを全車標準装備しているほか、オートブレーキホールドも搭載されています。

※ ※ ※

 特徴的な装備を数多く備える新型タフトが、2020年の軽自動車市場でどのような存在感を示すのか、注目されます。

【画像】もうひとつの顔が存在! どう違う? 新型「タフト」画像で見る(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント