ランクル超えのデカさ!? トヨタ最大SUV「セコイア」 北米に似合うモデル

トヨタのSUVラインナップには、日本で発売されていないモデルもいくつかあります。そのなかでも、もっとも大きいサイズなのが北米向けの「セコイア」です。どのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ史上最大のSUV「セコイア」

 トヨタには、北米向けの大型サイズモデルがいくつか存在します。そのなかで、「セコイア」はSUVラインナップにおいてもっとも大きいモデルです。

 日本では未発売のセコイアとは、どのようなモデルなのでしょうか。

ランクルよりも本格派!? トヨタ最大SUVの「セコイア」
ランクルよりも本格派!? トヨタ最大SUVの「セコイア」

 セコイアは、トヨタが北米で販売するフルサイズSUVです。初代が2000年に発売され、現行モデルは2007年に発売された2代目となります。

 セコイアとは、アメリカに自生している世界一の高さに成長する巨木の名前で、なかには樹高100mに達するものもあり、その大きさから車名に採用されたようです。

 フルサイズピックアップトラックの「タンドラ」とフレームを共有していますが、セコイアのサスペンションは4輪がダブルウイッシュボーンの独立懸架となっており、優れた乗り心地と高い悪路走破性能を両立。

 ボディサイズは全長5210mm×全幅2029mm×全高1956mmとなり、日本でも馴染みのある「ランドクルーザー」の全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mmを超えます。ちなみに、タンドラはより全長が長く5814mmを誇ります。

 パワートレインはレクサス「LX570」にも搭載される5.7リッターV型8気筒で、最高出力は381馬力(米規格)を発揮し、組み合わされるトランスミッションは6速ATのみです。

 駆動方式はFRの2WDとフルタイム4WDが選べ、4WDではセンターデフにロック機構が装備されるので、悪路走破性を向上。さらに、起伏のある場所などでボートやトレーラーなどをけん引する際にシフトチェンジのタイミングを適切にする「TOW/HAULモード」を搭載しています。

 セコイアは、3列シートSUVで7人乗り/8人乗りの設定があり、2列目にはキャプテンシートを採用。ランドクルーザーを上回る広さを誇るようです。

 また、最新の2020年モデルではLEDヘッドライトや、Apple CarPlay/Android Autoに対応したディスプレイオーディオ、最新の先進安全装備「トヨタセーフティセンス」が装備されました。

 北米は、SUVやピックアップトラックの需要が高い地域のため、各自動車メーカーからさまざまなモデルが登場しています。そのなかでも、フォードやGMなどを相手に売れているのがセコイアなのです。

トヨタ ランドクルーザーの詳細を見る

【画像】ガチでデカい! ランクル超えの「セコイア」を見る(18枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

Yahoo!ショッピングで自動車パーツを探す!

最新記事

コメント