人気コンパクトカー何が違う? ヤリス・フィット・ノート・アクアを比較!

燃費や室内寸法、価格の違いは?

 クルマを購入する際に気になるのが燃費性能です。ノートとアクアのカタログ燃費は、JC08モードでの表記となります。

 ノートは、ガソリン車(23.4km/Lから26.2km/L)、e-POWER車(28.8km/Lから37.2km/L)。アクアはハイブリッド車のみの設定で、34.4km/Lから38.0km/Lです。

 一方、ヤリスとフィットのカタログ燃費は、WLTCモードの表記です。ヤリスは、ガソリン車(19.2km/Lから21.6km/L)、ハイブリッド車(30.2km/Lから36.0km/L)となり、フィットのガソリン車は17.0km/Lから20.4km/L、ハイブリッド車が23.2km/Lから29.4km/Lとなります。

公表されているWLTCモード燃費でもっとも優れているトヨタ「ヤリス」
公表されているWLTCモード燃費でもっとも優れているトヨタ「ヤリス」

 また、日常使いの機会が多いコンパクトカーですが、サイズ感にはどのような違いがあるのでしょうか。

 それぞれのボディサイズは、ノートが全長4100mm×全幅1695mm×全高1520mm-1525mm。アクアは全長4050mm-4060mm×全幅1695mm-1715mm×全高1455mm-1500mmです。

 ヤリスは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm-1515mm。フィットが全長3995mm×全幅1695mm×全高1515mm-1565mm(SUV風のクロスターを除く)となります。

 ボディサイズでは、コンパクトカーという同ジャンルのクルマということもあり大差はありませんが、ノートやアクア、フィットには、SUVのテイストを盛り込んだモデルがそれぞれ設定されています。

 また、ヤリスには、モータースポーツモデルともいえる「GRヤリス」が設定されており、ヤリスが5ドアなのに対してGRヤリスが3ドア、外観デザインが大きく異なるモデルも用意されているなど、各車でそれぞれの個性を出しているのです。

 室内サイズでは、ノートが室内長2065mm×室内幅1390mm×室内高1255mm、アクアは室内長2015mm×室内幅1395mm×室内高1175mmとなっています。

 一方、ヤリスは室内長1845mm×室内幅1430mm×室内高1190mm、フィットが室内長1955mm×室内幅1445mm×室内高1260mmです。

 ホンダは、独自の「センタータンクレイアウト」を採用しているため、室内高と室内幅においてもっとも広く、コンパクトカーながら少しでも広々とした室内空間を実現しています。

 最後に、各車の展開グレードや価格の違いは、どうなっているのでしょうか。それぞれのエントリーグレードと最上級グレード(スポーティモデル含む)の、税込み車両本体価格でみていきます。

 ノートは、ガソリン車「S」の144万7600円からe-POWER車「MEDALIST FOUR ブラックアロー」の268万9500円となり、スポーツモデルとなる「NISMO S Black Limited」は281万2700円です。

 アクアは、ハイブリッド車「L」の181万8300円からスポーティグレード「G“GR SPORT・17インチパッケージ”」の258万1700円です。

 一方、ヤリスはガソリン車「X “Bパッケージ”」の139万5000円からハイブリッド車「HYBRID Z」249万3000円となり、GRヤリスは、最上級グレードの「RZ “High performance”」が456万円となります。

 フィットは、ガソリン車「BASIC」の155万7600円からハイブリッド車(e:HEV)「LUXE」の253万6600円です。

※ ※ ※

 2020年2月時点では、発売間もないヤリスとフィットがさまざまな面で進んでいますが、ノートも2020年末頃にはフルモデルチェンジするという噂もあり、今後もコンパクトカー市場の熱き戦いは続きそうです。

トヨタ ヤリスの詳細を見る

【画像】人気コンパクトカーは何が違う? こまかーく画像で見る!(36枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント