ミニバン市場は縮小傾向だった? 増加するSUV市場との関係性とは

SUVは増えすぎた? 今後のSUV市場はどうなる?

 増加傾向にあるSUV市場ですが、供給過多にはならないのでしょうか。

後発で登場したコンパクトSUVのトヨタ「ライズ」とクロスオーバーSUVマツダの「CX-30」
後発で登場したコンパクトSUVのトヨタ「ライズ」とクロスオーバーSUVマツダの「CX-30」

 最近では、前出のマツダが同社のミニバンラインナップを廃止した代わりに、3列シートSUVとなる新型モデルの「CX-8」を2017年12月に投入。さらに、2019年10月には「CX-3」と「CX-5」の中間サイズとなる「CX-30」を発売しています。

 さらに新型モデルとしては、三菱「エクリプスクロス」やダイハツが開発を主導したダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」というなども登場しているほか、20年ぶりにフルモデルチェンジを遂げたスズキ「ジムニー/ジムニーシエラ」、5代目となるスバル「フォレスター」も新しくなっているのです。

 また、販売低迷などによって一時期は国内市場から撤退していた、トヨタ「RAV4」とホンダ「CR-V」も復活を果たすなど、まさにSUV時代ともいえます。

 トヨタのSUVラインナップでも、前出のライズ、RAV4をはじめ、「C-HR」、「ハリアー」、「ランドクルーザープラド」、「ランドクルーザー」と、細かなニーズやターゲット層を狙うような販売戦略を進めています。

 実際の販売面では、「従来のコンパクトSUVのCX-3とミドルサイズSUVのCX-5では、囲えないユーザーに対して、おすすめできるサイズのモデルが出てくることは嬉しい限りです」(マツダ販売店スタッフ)という声があるようです。

 前出のマツダが調査したユーザー動向におけるSUV市場の「リピート/流入/流出」では、2010年時点ではリピートや流入に対して流出が大きかったですが、2014年から2018年にかけて逆転し、流入が大きく増加しているようです。

 このような背景を踏まえた結果、マツダは同ブランドへの入り口となるエントリーモデルとして、「CX-30」を導入したのだと説明しています。

 ダイハツやトヨタのロッキー/ライズも、同様にエントリーモデルやさらに細分化するニーズを埋めるモデルとして導入されたようです。

 2020年には、新型モデルとしてハリアーやランドクルーザーの登場が噂されているほか、マツダは電気自動車のSUV「MX-30」を欧州で発売するなど、SUVはこれからも増えていくのかもしれません。

【画像】ライバル多すぎ! 最新ミニバン・SUVを徹底比較!

【最大88%オフ】春夏の航空券予約スタート 早いほどお得!

画像ギャラリー

1 2

【NEW】自動車カタログはこちら byくるまのニュース

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント