アキュラ 新型「MDX」登場! ホンダの格好良いSUVモデルをお披露目へ

かつて日本にも導入されていたホンダの大型SUV「MDX」。その最新モデルとなる最上級限定車のアキュラ「MDX PMCエディション」がLAオートショー2019で世界初公開されます。どのような特徴のクルマなのでしょうか。

めっちゃ格好良い! アキュラ「MDX PMCエディション」

 ホンダの高級ブランド「アキュラ」は、LAオートショー2019にて、「MDX PMCエディション」を世界初公開。手作業で組み立てられたというMDX PMCエディションとは、どのようなモデルなのでしょうか。

LAオートショー2019で登場するアキュラ「MDX PMC Edition」
LAオートショー2019で登場するアキュラ「MDX PMC Edition」

 光沢のあるバレンシアレッドパールペイントで覆われたMDX PMCエディションは、オハイオ州メリーズビルにあるアキュラのパフォーマンスマニュファクチャリングセンター(PMC)の最新モデルとなる限定車です。

 MDX PMCエディションは、290馬力の3.5リッターV型6気筒ガソリンエンジンと素早い変速を可能とする精密な9速ATを搭載。さらに、3基のモーターによる独創のメカニズム「SPORT HYBRID SH-AWD」が、まったく新しい走りの体験を生み出します。

 このPMCエディションを作成するために、アキュラはMDX AdvanceパッケージとMDX A-Specパッケージのスポーティなキャラクターを組み合わせています。

 PMC Edition専用の外観デザインは、バレンシアレッドパールペイント、グロスブラック20インチ合金ホイール、グロスブラックグリルメッシュを備えたグリル、ブラッククロームエグゾーストフィニッシャーが含まれます。

 さらに、グロスブラックがあしらわれたルーフ、ルーフアンテナ、外部ミラー、ウィンドウモールディング、リアナンバープレートガーニッシュ、ドアハンドルなどを採用。

 内装デザインでは、黒いミラノレザーシート、ドアライニング、センターアームレスト用の黒いパイピングと赤いステッチでスポーティさがさらに際立っています。

 厚手のA-Specスポーツステアリングホイールは、赤いステッチと金属仕上げのパドルシフターを備えたくぼみのある黒い革で飾られ、赤い照明メーターとA-Specフロアマットで彩られます。

 センターコンソールに付けられたシリアルプレートには、MDX PMC Edition、限定版車両としてのナンバリングが施されます。

 手作業による組み立てプロセスに続いて、それぞれのMDX PMCエディションは、ダイノチェック、塗装検査、悪路シミュレーション、水漏れテストなど、NSXと同じ品質管理を実施。

 輸送中に塗料を保護するために、PMCエディションは特別に設計されたカバーに包まれ、密閉された単一のキャリアを介してアキュラディーラーに輸送されます。

 手作業で組み立てられたMDX PMCエディションは、米国市場向けに300台、カナダ市場向けに30台の車両が2020年初頭に発売され、米国の価格は6万ドル台(約651万3810円)になる予定です。

日本にも欲しい! アキュラ「MDX」の限定仕様を画像で見る!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント