フロントガラスが凍結した時どうする? 正しい解氷方法とは

冬にクルマに乗ろうとすると、ガラスが凍っていたという経験はありませんか。凍結したガラスに対し、間違った対処をしてしまうとひび割れなどを起こす可能性があるため、注意が必要です。そんな、フロントガラスが凍結した際の注意点や、正しい解氷方法を紹介します。

熱湯は絶対NG。もっと安全で手軽な方法があるんです

 寒い冬の朝、クルマに乗ろうとしたら窓ガラスが凍っていた場合、どう対処するのが正しいのでしょうか? まとめてみました。

凍結したクルマのフロントガラス
凍結したクルマのフロントガラス

 この、フロントガラスが凍る現象には放射冷却が関係しています。

 夜間は放射冷却によって地面の熱が電磁波として上空に出ていくため、雲があれば熱が逃げ切れずに気温の低下が妨げられてガラスは凍りにくいです。しかし、上空に雲が無ければそのまま熱が放出され気温が下がり、ガラスが凍りやすくなるのです。

 そんな凍結の予防策として効果的なのが、凍結防止カバーです。帰宅時にフロントガラスにかけておくことでガラスの凍結を防ぐことができます。

 カバーはクルマの外側に使用するため、風で飛ばされないようにワイパーやドアミラーを利用して固定すると良いでしょう。使用していない毛布やシーツなどでも代用はできますが、ボディに傷がつきやすいため、オススメはできません。

 では、実際にガラスが凍結してしまった場合はどうするべきなのでしょうか。

【画像】凍ったフロントガラスの最適な解氷方法を確認!

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

【ヤフオク!】でクルマのパーツをお得にさがす!

最新記事

コメント