トヨタ新型「カローラ」が11年ぶりに販売ランキング首位に! 上位10車種はトヨタがほぼ独占

日本自動車販売連合会(自販連)が発表した2019年10月の乗用車販売ランキングにおいて、トヨタ「カローラ」が1万1190台を販売して首位になりました。カローラが首位になるのは2008年11月以来、11年ぶりとなります。

2019年10月にもっとも売れたのはトヨタ「カローラ」

 日本自動車販売連合会(自販連)が発表した2019年10月の乗用車販売ランキングにおいて、トヨタ「カローラ」が1万1190台を販売して首位になりました。

 カローラが月間の販売ランキングで首位になるのは、2008年11月以来、11年ぶりです。

トヨタ新型「カローラツーリング」
トヨタ新型「カローラツーリング」

 2019年9月に発売された新型カローラは、プラットフォームの刷新やボディ拡大、スポーティなデザインなど、まったく新しいモデルに生まれ変わりました。また、コネクティッド機能が充実するなど、最新の技術も取り入れられています。

 新型カローラの販売が好調な理由について、トヨタは次のように説明します。

「新型カローラは、スポーティな外装や上質な走りと乗り心地が好評となっています。装備面では、ディスプレイオーディオを搭載した、スマートフォンとの連携でより身近になったコネクティッドサービス、そして自転車や夜間の歩行者検知が可能な最新の『Toyota Safety Sense』(全車標準装備)も好評です」

 なお、国内登録車販売台数ランキングでの統計方法は、「国産メーカーの同一車名を合算したもの」としています。

 そのため、カローラは「カローラ(セダン)」「カローラツーリング(ワゴン)」「カローラスポーツ」に加え、新型モデルと併売される従来型の「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」を含んだ台数となります。

※ ※ ※

 2019年10月の乗用車販売ランキングでは、2位以下のランキングにおいても異変が起きています。

 2位「シエンタ」(9302台)、3位「ルーミー」(6862台)、4位「プリウス」(6898台)、5位「タンク」(5420台)、6位 日産「ノート」(5263台)、7位「アルファード」(5130台)、8位「アクア」(4967台)、9位「ヴォクシー」(4394台)、10位「ヴィッツ」(4383台)と、上位10車種において、ノート以外はトヨタ車が独占する形になりました。

 とくに、タンク(5位)やアルファード(7位)がランクアップしている一方、2019年9月に2位だった「ノート」が6位、7位だった日産「セレナ」は12位にランクダウンするなど、人気車種が大きく入れ替わっています。

 また、上位にランクインした車種を見ると、ミニバンタイプで室内が広い車種や、ハイブリッドモデルをラインナップするモデルなどが人気があることがわかります。

 昨今はSUVブームといわれていますが、上位10車種のなかにSUVは入っておらず、2019年10月の販売ランキングでもっとも売れたSUVは13位のトヨタ「RAV4」(3919台)でした。

 SUVタイプの新型モデルとして注目されるのは、2019年11月5日に発売したトヨタ新型「ライズ」とダイハツ新型「ロッキー」です。

 5ナンバーサイズで運転しやすく、なおかつ広い室内や荷室を持つことで、幅広いユーザー層をターゲットに開発されました。

 とくにライズは、RAV4に似たオフロードを強調した押し出し感の強いデザインで「ミニRAV4」ともいわれており、ほかのSUVよりもお手頃な167万9000円から228万2200円という価格(消費税込)で購入できることから、大ヒットする可能性があります。

 カローラをはじめとするランキング上位の車種のなかに、新型ライズが食い込んでくるのか、今後の販売ランキングも注目されます。

トヨタ「カローラ」が一番人気! 10月の販売ランキング上位車種を画像でチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 単なる新車効果でフィットのように巡航するかのような売れ行きは期待できまいよ
    順次納車がはけて諸元をスルーして買った連中が3ナンバーの仇に気付く頃が真の売れ行きだろな
    日本人は代替えを繰り返すことを誉のように勘違いしているが早く企業のカモにならぬよう鳥籠から早く卒業するべきなのだが当面は企業のカモに飼い殺しされる状況が続くだろうな