車のペダル操作はカカトつける? 男女で異なる動作解説の漫画 「踏み間違いの要因?」

クルマの運転の仕方は個人差があるといいますが、とくにブレーキペダルの踏み方は大きな差があります。なかでも女性のブレーキの踏み方は、男性にとっては信じがたい動作でおこなっているといいますが、それはどんなことなのでしょうか。

 最近、ペダル操作の踏み間違いによっての事故が報道されています。なかでも高齢ドライバーによる事故が後を絶ちませんが、じつはペダルの踏み間違いは老若男女問わず起こる可能性があるのです。とくにブレーキペダルの踏み方は大きな差があります。なかでも女性のブレーキの踏み方は、男性にとっては信じがたい動作でおこなっているといいますが、どのようなペダル操作がおこなわれているのか漫画で紹介します。

ブレーキ操作のカギは「カカト」だった? 男女差があるペダルの操作方法
ブレーキ操作のカギは「カカト」だった? 男女差があるペダルの操作方法

 近年、運転が不安な女性や初心者でも運転しやすいクルマとして、ダイハツ「ミラトコット」や日産「デイズ」では、女性が開発に携わっています。

 その開発エピソードには、「女性はブレーキペダルを踏むときにカカトを床につけないで踏む人が多いということを男性の開発者たちに伝えても、なかなか理解してもらえませんでした」といいます。
 
 従来、運転免許を取得する際に自動車教習所では、「ブレーキペダルを踏むときはカカトを床につけない」と教えていることが多いようです。

 なぜ、カカトを床につけない指導をするかというと、初めてクルマを運転する人は、ブレーキペダルをコントロールすることが難しく、ペダルの踏み遅れや踏力不足による危険性を考慮し、まず確実にブレーキを効かせることを優先していることが理由だと考えられています。

 年齢を問わず、カカトを床から離してブレーキペダルを踏む女性ドライバーが多いのは、自動車教習所で教わったことを忠実に守って運転していることもあり、力を込めて踏もうとするとカカトが床から離れてしまう人が多いようです。

 ペダルの操作は、単純な動作に見えますが微妙な力加減によってアクセルとブレーキを違和感なくおこなっています。ペダルの踏み間違い問題は、男女の差をより知ることで新たな解決策が生まれるかもしれません。

【漫画】本編を読む!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. この記者はどんな車を基本に書いているのか?
    キャブオーバー型は構造上ペダルと床の距離があるのでかかと支点にしたら踏めないですよ
    また大型バスや一昔前の大型トラックは床に配管されたエアーバルブがゆえにオルガン式のブレーキペダルで踵を支点にすることすら困難なのですがね
    それと踵を床に付けないと微調整が効かないと言うのは全くの嘘で微調整云々に関わるのはシート位置における運転姿勢でペダルの全行程以前に足が延びきって制動能力を最大に引き出せないところが問題で、脚力を十分にペダルに伝えられるドライブポジションさえ確保すれば微調整は十分可能なのですよ
    タクシードライバーを観察すればよく分かりますよ
    基本なくして微調整もへったくれもないのですよ。