スバル新型レヴォーグはダウンサイジングターボ搭載か!? 目指すのはドイツのプレミアムブランド

2019年10月24日から一般公開される東京モーターショー2019で、スバルは新型「レヴォーグ」を世界初公開します。新型レヴォーグは、これまでより小排気量化されたターボエンジンを搭載する可能性があるといいますが、いったいどのようなモデルになるのでしょうか。

新型「レヴォーグ」が東京モーターショーで世界初公開!

 2019年10月24日から一般公開される「第46回東京モーターショー2019」には、次期型のスバル「レヴォーグ」のプロトタイプ(試作車)が出展されます。世界初公開なので注目度も高いです。

新型「レヴォーグ」のコンセプト「ヴィジヴ ツアラーコンセプト」
新型「レヴォーグ」のコンセプト「ヴィジヴ ツアラーコンセプト」

 現行レヴォーグは、2014年に発売されました。同じく2014年にデビューした現行「レガシィ」は、ツーリングワゴンを廃止して「アウトバック」とセダンの「B4」の2タイプとし、どちらもボディを大幅に拡大しています。

 そこで人気の高かったレガシィツーリングワゴンの後継となるモデルとして、レヴォーグを投入しました。

 レヴォーグは、現在では欧州やオーストラリアでも販売さていますが、当初は国内専用車として日本市場を重視して開発されました。

 全長は4690mm、全幅も1780mmに収まります。最小回転半径は、1.6リッターターボエンジン搭載車は5.4mなので(1.6 STIスポーツ アイサイトは5.5m)、走行性能の優れたステーションワゴンでありながら、道幅の狭い日本の道路環境でも運転しやすいのが特徴です。

 次期レヴォーグは、プラットフォームも含めて一新します。現行「インプレッサ」から採用が開始された新しいプラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」をベースに、性能をさらに高めます。

 2020年にはレヴォーグと併せて、スポーツセダンの「WRX」もフルモデルチェンジするため、両車で基本部分を共通化するわけです。

 新しいプラットフォームを使ったスバル車は、2016年にインプレッサ、2018年に「フォレスター」、さらに2020年はレヴォーグ、WRXという具合に続々と投入されます。

 現行レヴォーグのエンジンは、水平対向4気筒の1.6リッターターボと2リッターターボですが、新型レヴォーグは、1.5リッターターボと1.8リッターターボに変更される可能性があります。動力性能を低下させずに、燃費効率を向上させるのがねらいです。

 動力性能は現時点で十分な水準に達しているため、新型レヴォーグで進化するのは、走りに関しては走行安定性と乗り心地でしょう。インプレッサとフォレスターに試乗すると、新しいプラットフォームの素性が優れていることを実感できます。次期レヴォーグは、その性能をさらに高めるわけです。

 操舵感は、ハンドルを回し始めた段階から正確に反応して、過敏にならないよう配慮しながら、自然に良く曲がる運転感覚を追求します。

 乗り心地は現行型も入念に造り込んでいますが、新型はさらに重厚な印象になり、ミドルサイズワゴンながらラージサイズの乗車感覚を目指すでしょう。

 従来のレヴォーグは適度なサイズのボディによるスポーティな運転感覚が特徴でしたが、新型はこれに上質感を加え、ドイツのプレミアムブランドに近づくともいえます。

画像でチェック!次期レヴォーグのコンセプトカーが公開されていた!?

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント