トヨタ新型RAV4の燃費は? ハイブリッドの実力を試す

日本で販売が終了したトヨタ「RAV4」が、5代目にフルモデルチェンジして復活しました。そこで、新型モデルにラインナップされたハイブリッドモデルの実燃費テストを実施しました。

日本市場に復活したトヨタ「RAV4」の実燃費は?

 日本における乗用車ベースのクロスオーバーSUVの先駆けとして人気を集めたトヨタ「RAV4」は、メイン市場である北米を意識するあまり、日本にマッチしない車種となり、3代目をもって国内での販売を終了していました。

トヨタ新型「RAV4」
トヨタ新型「RAV4」

 しかし、5代目となったRAV4は再び日本に導入されることが決まり、2019年4月に平成最後の新型車として登場したのです。

 新型RAV4は、ボディサイズこそトヨタ「ハリアー」に近いサイズとなりましたが、ハリアーがプレミアム感を重視するのに対し、RAV4はアクティブ感を打ち出して、明確にキャラクター分けがなされているところはさすがトヨタといったところでしょう。

 新型RAV4のパワートレインは「ダイナミックフォースエンジン」といわれるM20A-FKS型の直列4気筒2リッターガソリンエンジンと、A25A-FXS型の直列4気筒2.5リッターハイブリッドの2種類を用意します。

 駆動方式は前輪駆動の2WDと4WDの2パターンですが、4WDには従来の電子制御4WD(ガソリン車)と、電気式4WDシステム(ハイブリッド車)に加え、ガソリンモデルの上級グレードに世界初採用となる「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が採用されたことでも話題となりました。

 今回、燃費テストを実施したのは、ハイブリッド仕様の上級グレードである「HYBRID G」の4WDモデル。カタログ上の燃費はJC08モード燃費で25.0km/L、WLTCモード燃費で20.6km/L(同市街地モード:18.1km/L、郊外モード:22.4km/L、高速道路モード:20.7km/L)となっています。

 走行ルートは、高速道(東名 東京インター→小田原厚木道路 小田原西インター)、ワインディング路(ターンパイク箱根→箱根新道→西湘バイパス 西湘PA)、一般道(国道129号→国道246号)の3セクションとし、約180kmの道のりでテストします。なお、今回は全行程で走行モードはノーマル、クルーズコントロールは使用せずに走行しています。

 その結果、177.3kmの走行で燃費は23.55km/Lという数値になりました。JC08モード燃費の25.0km/Lには届かなかったものの、WLTCモード燃費の20.6km/Lを上回りました。

 ボディサイズやおよそ1.7トンとなる車重から考えると、非常に優秀といえるのではないでしょうか。

 ここからは、セクション別の燃費を振り返ってみます。

アメリカンなデザインに進化したトヨタ新型「RAV4」をチェック(28枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. このコースならLS600hでも13キロは楽勝だろ
    なにもRAV4と言う名のメタボ車が群を抜いてるわけでもなかろうに
    こーいう波風立てぬ評論が日本向けに外国規格の車を平然とあてがう自動車メーカーの傲慢さを延々放し飼いに育ててきたのだ
    甘い評論はユーザーに煮え湯を飲ませる結果にしかならないのだ
    初代RAV4の諸元からしたらこんなのはハイラックスサーフだろ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー