近未来なセンターメーターは減っている? 視認性向上目指した車のメーター事情とは

センターメーターのメリットあっても、廃止している車種も多い理由とは?

 しかし、最近ではフルモデルチェンジなどのタイミングで、従来のハンドル奥に配置を戻しているものもあります。日産のSUV「エクストレイル」は、初代モデルはセンターメーターを採用していましたが、2代目、3代目(現行モデル)では、従来のメーター配置に戻しています。

 初代のエクストレイルについて、日産は「初代モデルは、インストルメントパネル中央にセンターメーターを配し、視認性も良く、車両情報を乗員全員で共有できる仕様になっています。しかし、2代目以降ではドライバーの高い視認性を優先するために、大型でシンプルなメーターに変更していました」と説明しています。

 また、ダイハツの軽自動車「タント」は、2003年に登場した初代モデルから2代目(2007年)、3代目(2013年)までセンターメーターを採用していました。

ダイハツ「タント」のメーター配置(上:新型モデル、下:先代モデル)
ダイハツ「タント」のメーター配置(上:新型モデル、下:先代モデル)

 しかし、2019年7月に4代目へとフルモデルチェンジした際には、ダッシュボードの中央部に配置されていたメーターがドライバー寄りに延長された横長のデザインに変更されています。

 新型タントのメーター配置について、ダイハツは次のように説明しています。

「メーター位置やステアリングなどのレイアウトを見直すことで、視線移動量を少なくし運転疲労が少なく安全、安心に運転できるドライビングポジションを実現しています」

※ ※ ※

 センターメーターについては、自動車メーカーやモデルごとに採用基準が異なりますが、どちらもドライバーの視認性や安全性に考慮されたうえで採用されているようです。

見やすい?見えにくい? センターメーター採用車を画像でチェック!(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント