排気量1万cc超えのモンスターマシン? 世界で一番パワフルなブカッティ「T41ロワイヤル」とは

多くの場合、エンジン排気量が2000cc前後のクルマが主流となっていますが、世界に目を向けるとかつては排気量が1万ccを超えるクルマも存在しました。いったいどんなクルマでしょうか。

価格も排気量も桁違い! ブガッティ「T41ロワイヤル」とはどんなクルマ?

 クルマのエンジンパワーを左右する指標のひとつに「排気量」があります。排気量の大きいクルマは、エンジンのパワーが大きくなるため、スムーズな加速や速いスピードを出すことが可能です。

 普通車の場合、一般的な排気量は1300ccから3000ccほどとなっていますが、かつて販売された海外のクルマのなかには、1300ccエンジンの約10倍もの排気量を持つエンジンを搭載したクルマもありました。どんなクルマでしょうか。

幻の超大排気量車として知られるブガッティ「T41ロワイヤル」
幻の超大排気量車として知られるブガッティ「T41ロワイヤル」

 現在販売されている国産車のなかに、排気量が6000ccを超えるクルマは存在しません。国産車で排気量が大きいクルマは、レクサス「LX570」の5622㏄や、トヨタ「センチュリー」の4968㏄となります。

 しかし、世界に目を向けると、かつてはLX570の2倍以上の排気量を持つエンジンを搭載したクルマが存在していました。

 それは、1927年から1933年に発売されたブガッティ「T41ロワイヤル」です。

 T41ロワイヤルは、クルマの歴史上過去最大といわれる排気量といわれていて、もっとも大きなモデルでは1万2760㏄もの排気量を持っています。

 エンジンは、直列8気筒SOHCを搭載しており、シリンダー1気筒あたりの排気量は約1600㏄と、現在のコンパクトカーの総排気量に並ぶ大きさとなっています。

 T41ロワイヤルは排気量だけではなく、当時の価格もほかのクルマと比べて桁違いでした。

 高級車で知られるロールス・ロイスが当時発売していた「ファントムII」の価格が1750ポンドであったのに対し、「T41ロワイヤル」は、なんと5250ポンドとファントムIIの約3倍の価格で販売されていたのです。

 そんな価格も排気量も桁違いのT41ロワイヤルは、6年という短い期間でわずか6台しか作られず、そのうち購入されたのが3台とされています。

 T41ロワイヤルの価格を考えると、「3台しか売れなかった」と考えるよりも「3台も売れた」と考えるほうが正しいのかもしれません。

 ※ ※ ※

 一方、現在販売されている世界のクルマに目を向けたとき、超大排気量のエンジンが搭載されているクルマはどんなモデルなのでしょうか。

 ロールス・ロイス「ファントム」は、高級ブランドとして知られるロールス・ロイス車のなかでも超高級モデルに位置づけられるクルマです。

 ロールス・ロイスによると、ファントムは1925年に誕生したときから、専門家たちから「世界最高のクルマ」という評価を得て、多くの重要な歴史的瞬間に立ち会ってきたといいます。またファントムは、世界の高級ホテルの送迎などに使用されていることでも知られています。

 2018年に発表された8代目となるファントムは、6748㏄の排気量を持つクルマです。エンジンはV型12気筒ツインターボを搭載し、最高出力は571馬力を発揮。最高速度は250km/hに達し、大排気量車らしいパワフルで素早い走りを実現しています。

 公式サイトに記載されている車両価格(消費税込、以下同様)は5460万円と、排気量だけでなく価格も桁違いの超高級車です。

凄すぎる…圧倒的迫力! 世界の大排気量車を写真で見る(19枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント