激売れ車だらけ! 実力&コスパで最強カテゴリー!? コンパクトカー燃費ランキングTOP5

燃費を決定するのはハイブリッドやディーゼルといったパワートレインの種類が重要ですが、クルマが小さく軽いことも同じくらい重要です。そこで、価格も比較的安価で、運転する際にもサイズの点で有利なコンパクトカーの燃費上位を紹介します。

小さいながらも実力を秘めたコンパクトカー

 クルマのサイズが世界的に大きくなるなかで、注目を集めているのがコンパクトカーです。

コンパクトカー+ハイブリッドは最強の組み合わせか!?

 以前はただ安価なクルマだったコンパクトカーも、満足度を高めるべく技術開発が行われ、サイズが小さい以外は上位車種を脅かす実力を秘めたモデルもあります。しかも、軽量コンパクトなボディは燃費にも好影響です。

 そこで、国土交通省が2019年3月に公開した「自動車燃費一覧」から、コンパクトカーに分類されるクルマの燃費(JC08モード)上位5台を紹介します。

 なお、ディーゼルエンジン車は除外しています。

●1位 トヨタ「アクア」 JC08モード燃費 38.0km/L

発売から8年を経ても燃費トップの「アクア」

 トヨタのハイブリッド専用車で「プリウス」の弟分として2011年に登場したのが「アクア」です。同社にはこのクラスに「ヴィッツ」という人気車種がありますが、あえて別のモデルとして発売しました。

 燃費を重視するハイブリッドカーらしい空力を意識した背の低いボディは、ルーフ断面を「かもめ」形状にする「パゴダルーフ」が特徴で、ヴィッツよりも少し長いホイールベースと全長を持っています。

 ハイブリッドシステムは「THS II(Toyota Hybrid System II)」を搭載し、初代プリウスから採用している1.5リッター直列4気筒エンジン「1NZ-FXE型」エンジンと、「1LM型」モーターにより、両者の出力を走行と発電に巧みに振り分けます。

 ベーシックモデルでは軽量化され、重量は「アクア L」で1060kg。その「L」のJC08モード燃費は38.km/L、その他のグレードでは34.4km/Lとなっています。

 価格は「L」で178万5240円(消費税込:以下同様)から。装備の充実した「S」は188万6760円と200万円以下から狙えます。

●2位 ホンダ「フィット ハイブリッド」 JC08モード燃費 37.2km/L

先代からハイブリッドシステムも大きく進化した「フィット ハイブリッド」

 ホンダのベストセラーコンパクトカー「フィット」のハイブリッド仕様は、2010年に2代目フィットの時に発売されました。現在の3代目フィットではハイブリッドシステムを一新し、モーターのみでの走行を可能とする「SPORT HYBRID i-DCD」を搭載しています。

 フィットが人気の理由のひとつに「センタータンクレイアウト」(燃料タンクを前席下に配置)による、車内の広さとシートアレンジの多彩さがありますが、ハイブリッド仕様でもそれを踏襲。

 同クラスのトヨタ「アクア」と比べても室内幅、高さとも余裕があります。

 ハイブリッドシステムは最高出力110馬力の1.5リッター直列4気筒と、最高出力29.5馬力の電気モーターが組み合わされ、燃費はベーシックな装備の「フィット HYBRID」がJC08モード37.2km/L、その他の量販グレードでは34.0km/L、4WDでは28.6km/Lとなっています。

 価格は「HYBRID」が169万9920円からとなっています。

●2位タイ 日産「ノート e-POWER」 JC08モード燃費 37.2km/L

2018年コンパクトカー販売台数1位を獲得した立役者「ノート e-POWER」

「e-POWER」で人気車種になった日産「ノート」ですが、日産のベーシックカー「マーチ」よりも少し全長が長く、室内も広くしたコンパクトカーとして2005年に発売されました。

 現在の2代目は2012年発売ですが、2016年のマイナーチェンジでフロントマスクが大きく変わるとともに、シリーズハイブリッドe-POWERが加わり、一気に注目を集めるクルマに変貌を遂げました。

 e-POWERはほかのハイブリッド車と違い、エンジンを発電のみに使って、走行はすべて電気モーターとしています。

 トランスミッションやトルクコンバーターといった複雑でメンテナンスの必要なメカニズムをなくし、エンジンも効率のいい回転数を使って発電します。

 電気モーターならではのスムーズで力強く走れる走行特性や、回生ブレーキを巧みに利用してアクセルペダルだけで発進から停止までコントロールできる「e-POWER Drive」の搭載も特徴です。

 エンジンは1.2リッター直列3気筒ですが走行に関しては、回転数ゼロから最大25.9kgmのトルクを発生し、最高出力109馬力の「EM57型」モーターが担当します。

 JC08モード燃費は最もベーシックな「ノート e-POWER S」で37.2km/L、その他は34.0km/L、後輪をモーターアシストする4WDは28.8km/Lです。

 価格はe-POWER Sで190万1880円からとなっています。

コンパクトカー燃費ランキングTOP5のクルマを画像でチェック(21枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント