人と同じじゃつまらない! 人気コンパクトカー 日産「ノート」に用意された3つの個性派モデルの魅力【PR】

日産の人気モデル「ノート」には、標準車とはひと味違う個性的なモデルがラインナップされています。日産車のカスタムや特装を担当する株式会社オーテックジャパンが手掛ける「ノートAUTECH」「ノートNISMO」「ノートC-Gear」とは、どのようなモデルなのでしょうか。

2018年度ナンバー1の日産「ノート」の個性派モデルに注目!

 2018年度の乗用車販売ランキングでナンバー1となった日産「ノート」。1年間で13万1760台を販売しましたが、単純計算すると約4分に1台が売れたことになり、その人気の高さがお分かりいただけると思います。

個性が光るノートAUTECH/ノートNISMO

 ノートのラインナップは、1.2リッターのガソリンエンジンを搭載したモデル、その1.2リッターエンジンにスーパーチャージャーを組み合わせたモデル、さらに、1.2リッターガソリンエンジンを発電機として用い、モーターの力のみで走行する「e-POWER」の3つのパワートレインが用意され、e-POWERではモーターならではの細かい制御が魅力の4WDモデルも設定しています。

 これだけ多岐に渡るラインナップを誇るノートだけに、多くのユーザーのニーズにマッチするのも当然のことでしょう。しかし、愛車にこだわりを持つユーザーにとっては、街中でたくさんのノートにすれ違うというのも、悩みの種なのではないでしょうか。

 そこで今回オススメしたいのが、日産自動車直系のカスタマイズプロ集団であるオーテックジャパンが手掛けた「ノートAUTECH(オーテック)」、「ノートNISMO(ニスモ)」、「ノートC-Gear(シーギア)」の3モデル。どれも標準のノートとはひと味違う個性が光るモデルです。

プレミアム&スポーティで上質なノート「ノートAUTECH」

 2017年11月に新たに誕生したAUTECHブランドは、現在までにオーテックジャパンが蓄積してきたカスタマイズに対するこだわりを昇華させたプレミアムスポーティ志向のブランドです。

ノート e-POWER AUTECH SPORTS SPEC

 これまでに、「ノート」「セレナ」「エクストレイル」「リーフ」にAUTECHが設定されています。

 AUTECHブランドの最大のアイコンとなるのが、イメージカラーに採用されているブルー。これはオーテックジャパンの本拠地である神奈川県茅ケ崎市の空と湘南の海をイメージしたカラーであり、ボディカラーだけでなく、内装のステッチなど至るところに散りばめられています。

ノート AUTECH(専用フロントグリル)

  ノートAUTECHの外観では、フロントグリルが精緻な作りで、遠くからでもAUTECHであることを主張しています。このグリル内に配されるダークメッキのドットは、よく見ると円や楕円ではなく、立体的な五角形になっていて、置かれた場所によって大きさも角度も徐々に変化していくほど綿密にデザインされています。

 職人が一粒一粒はめ込んでいったかのような作り込みの丁寧さから、オーテックジャパンのクラフトマンシップが感じ取れます。

さらに質感とコントラストを強調したメタル調フィニッシュの専用カラーを持つ専用フロントバンパーと専用リアバンパーフィニッシャー、サイドシルプロテクターを標準装備とし、ダイナミックでロー&ワイド感を強調する役割を担っています。

ノート AUTECH (専用シートロゴ)

 また、同じメタル調フィニッシュの専用カラーをドアミラーにも採用することで、印象的なエクステリアを演出しており、これはAUTECHブランド全車に共通する意匠となっています。

 内装に目を移すと、ブラック基調のインテリアに配されたブルーのステッチやフィニッシャーが、上質な装いのなかにスポーティさを感じさせるデザインです。

 シート表皮は、心地よい肌触りとツヤ感を持つスエード調トリコットを使用し、コンパクトカーであるノートを上質な大人の空間へと変貌させています。

ノート AUTECH(専用ステアリング)

 さらに自分だけのノートAUTECHに仕上げたいという人には、「プレミアム パーソナライゼーション プログラム」がオススメです。

 シートには質感の高いレザレットが採用され、カラーは「ストーンホワイト」「ブラウン」「ブラック」の3色から選ぶことができます。

 さらにステアリングは、4色のカラーと3種類のステッチデザインから選択して組み合わせることができるのも、AUTECHブランドならではのプレミアム感といえるでしょう。

ノート e-POWER AUTECH SPORTS SPECの内装

 ノートAUTECHは、1.2リッターガソリンエンジンを搭載した「ノートAUTECH(174万5280円、消費税8%込、以下同)」、e-POWERを搭載した「ノート e-POWER AUTECH(226万4760円)」、4WDモデルの「ノート e-POWER AUTECH FOUR(248万760円)」。

 e-POWERモデルをベースによりスポーティな専用チューニングを施した「ノート e-POWER AUTECH SPORTS SPEC(245万3760円)」の4グレードが用意されています。

 上質に仕立てた装いに加え、走行性能を専用チューニングしたノート e-POWER AUTECH SPORTS SPECは、ボディの要所を補強。ボディの捻じれが抑制され、ハンドリング時に車体応答の遅れのない、ワンクラス上の乗り心地と操縦安定性を実現しています。

 それに合わせてVCM(コンピュータ)の制御をシャシ性能に合わせてチューニングし、ドライバーの期待に応えるレスポンスと気持ちよい加速感も味わうことが可能。回生ブレーキのセッティングにもこだわり、的確な減速感を意のままに感じることができます。

 さらに専用チューニングサスペンションや専用車速感応式パワーステアリングの採用により、今までになく高次元で上質な乗り味を実現し、プレミアムスポーティというAUTECHブランドのイメージにピッタリの1台に仕上がっているのです。

ノート e-POWER AUTECH SPORTS SPEC
ノート e-POWER AUTECH SPORTS SPEC
ノート e-POWER AUTECH SPORTS SPEC

ノートAUTECH・ノートNISMO・ノートC-Gearを画像でチェック!(68枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事