Honda「フリード+」に用意された純正アクセサリーで始めるキャンプのススメ【PR】

フリード+に用意された便利なオプションで快適なドライブができる

天気にも恵まれ、一行は山あいの道を快調に進む(移動時、わんこはケージに入れて同乗しています)

 キャンプ用品をたくさん詰め込んだフリード+で都内から向かうのは、神奈川県相模原市にあるキャンプ場。後述するアドバンスドルームミラーのおかげで、高速道路や一般道を安全・快適に進むことができた3人は、あっという間に目的地に到着しました。

 目的地のキャンプ場は釣り場が隣接するオートキャンプ場で、平日ということで人も少なくほぼ貸切状態! フリード+から荷物を降ろした3人は手際良くデイキャンプのセッティングを整え、自然の中で思い思いに遊びます。

キャンプシーンにも似合うフリード+ 
大自然の中で楽しむバーベキューは最高のひととき
隣接する釣り場では鮎が入れ食い状態だ

荷物を積んでも後方視界が確保できる「アドバンスドルームミラー」

 視界確保と言えば安全運転の第一歩。でも、フリードのようなミニバンタイプの車体に荷物を満載すると、荷物がルームミラー越しの後方視界を邪魔することも。そんな状態だと後ろの様子が分からないから安全上好ましくないのはもちろん、安心できないというか、落ち着かないですよね。

アドバンスドルームミラーを作動させた状態 鏡のミラーよりも視界が広いことが分かる
アドバンスドルームミラーを通常のミラーにした状態 もし荷物が積んであったら後方がほぼ見えない

運転していて思ったんですが、このルームミラーは荷物が満載なのにしっかり後ろが見えるんですよ。 これは安心ですね!

アドバンスドルームミラーのカメラ部

 そんなシーンで大活躍するのが「アドバンスドルームミラー」(7万4800円※税込み)。標準装備のルームミラーを取り外して、液晶モニターを内蔵したルームミラーを装着。そこへリヤウインドウに取り付けたカメラからの映像を表示することで、荷物を満載していてもしっかり後方の様子を確認できるスグレモノです。

 しかも、このミラーは荷物を積んでいないときでもメリットを感じられるのだからウレシイ。通常の鏡のミラーに比べて左右方向も前後方向も見える範囲が広く、さらにリヤウインドウの枠や後席に座る人もミラーに映り込まないから後ろがよく見えるのです。ミラー本体のレバーを動かせば、通常の鏡のミラーとしても使えますよ。

屋外でも家電製品が使える「ACコンセント」は100W対応

ACコンセントを付ければノートパソコンの充電なども可能 取り付けは助手席足元部分となる

外でも家電製品が使えたら便利ですよね。えっ、できるんですか?

  アウトドアや車中泊の人気上昇に伴って、車内で家電製品を使うというニーズが高まっています。

 そんな時に便利なのが、車内でAC100Vの家庭用電源を供給できる「ACコンセント」(1万9800円※税込み)。最近はUSB端子を備えるクルマが多く、それがあればスマホは充電できます。

 しかしAC100Vコンセントがあればノートパソコンを充電したり、LEDランタンなどのアウトドアグッズを使えたりとより便利になるんです。供給できる電力は最大100Wです。

着替えはもちろん全てのアウトドアで重宝する「テールゲートカーテン」

テールゲートカーテンは3方向独立してロールアップが可能 ※編集で後部シェードを透過しています

今日みたいな水場が近いキャンプ場の場合、着替える場所が欲しいことってありますよね。えっ、それも解決してくれるんですか?

 アウトドアに出かけた際、着替える場所に困ったことはありませんか? 

 そんなときに便利な、クルマの後ろにもうひとつの部屋をプラスできる便利アイテムが「テールゲートカーテン」(2万6400円※税込み)。テールゲートを利用した簡単設置で、プライベート空間が出来上がるのです。

 テールゲートカーテンを使えば洋服屋さんのフィッティングルームのように閉じた空間になるから、アウトドアでの着替えだけでなく、サーフィン後のシャワーにも便利です。水の入ったペットボトルを重りにしてカーテンの裾を固定できるアイデアも気が利いています。

 カーテンはリヤとサイドをそれぞれ独立してロールアップが可能で、ロールアップしてタープのように使えば屋根として日差しを遮るアイテムとしても使えるから、キャンプが快適になりますよ。アウトドアで重宝すること間違いなしです。

車室内が一気に広くなるという効果も!
アイデア次第で色々なことに使えそうだ
テールゲートカーテンはご覧の通り小さく収納できる

小休憩も車中泊もお任せの「ラゲッジクッションマット」

セミダブルサイズなので2人の車中泊なら余裕! 3人でもいけちゃう?

フラットだから熟睡できちゃう。でも、寝心地が良すぎるから寝すぎないように注意しないと(笑)

  クラスを超えた荷室の広さと並ぶフリード+の大きな魅力が、フラットになる床です。後席を倒してボードを活用すれば、奥行き約180cm×左右約125cm(左右幅はセミダブルベッドと同等)の段差のないベッドのようになるのです。フラットだから車中泊だってバッチリですよ。

 それだけでも十分寝心地はいいのですが、専用に開発された「ラゲッジクッションマット」があればさらなる快眠間違いなし。フリード+専用設計だからジャストフィットだし、耐久性に優れた素材を使用しています。

 さらに、クルマ用に開発されたものだから難燃素材なのも安心ですね。絶妙な柔らかさのクッションで車内が快眠ルームになってしまうから、昼寝する際は寝すぎに注意!?

フリード+はこの通りフロアをフラットにすることができる
フラットにしない時は2列目シート背面にボードを収納可能

心おきなく車内で休憩できる「プライバシーシェード」

プライバシーシェードは外からの視界を全面カット!

寝ている姿が車外から丸見えなのはちょっとヤダな…

 車中泊をするときは、外から丸見えだと落ち着かないですよね。そこで、カーテンのように窓を塞げると外から見えなくなるので安心できます。

 それを実現するのが「プライバシーシェード」(4万1800円※税込み)。すべての窓を覆うアイテムです。

サッと取り付けできて、窓をしっかり塞いでくれるから嬉しい!

  シェードはフロントウインドウ(フロントドアウインドウ左右含む)+サイドウインドウ(リアクォーター含む)左右+テールゲートウインドウ セットに分かれていて、合計わずか14個の吸盤をメインとした取り付けも簡単。

 専用設計だからフィッティングもバッチリで隙間なく窓を覆えるし、装着したままでスライドドアも開閉可能。そのあたりの抜かりなさはさすが純正品と思える完成度です。リヤドアの窓部分は空けることもできますよ。
 
 車中泊をすると、早朝に眩しい日差しで強制的に起こされてしまうこともありますが、このシェードは遮光タイプなのでその心配から解放されるのもいいですね。

車種専用だから窓枠にもピッタリフィットする
2列目の窓は開けることも可能
吸盤と専用フックだけの簡単取り付け

仲間や家族と純正アクセサリーを使ってキャンプで使い倒そう!

Honda「フリード+」HYBRIDE G・Honda SENSING(純正アクセサリー装着車)ボディカラー:シルバーミスト・グリーンメタリック
純正アクセサリーを使ったデイキャンプで最高に楽しい1日になった!

 フリード+は標準状態でもアウトドアレジャーに都合のいいパッケージングのクルマですが、こうしてホンダアクセスのアイテムを装着すればさらに便利で快適。実際に使ってみたら、標準車の備える長所をさらに引き出してくれることがわかりました。

「ディーラーオプション」と呼ばれる純正アクセサリーと言えばフロアマットやドアバイザーなど定番的なアイテムをイメージしがちですが、ホンダアクセスではこういったレジャーシーンで重宝するグッズも豊富に用意。

 純正だけに高い品質基準で作られ、3年間6万kmという一般的なカーアクセサリーでは考えられない長い保証がついているのも高品質の証であるとともに、安心ですね。

 今回紹介したすべてのアイテムは、これからフリード+を買おうという人が新車と同時に購入できる(新車ローンにも組み込めます!)のはもちろんのこと、いまフリード+に乗っている人もディーラーで購入できますよ。

 まだまだあるフリード+の便利アイテムをチェック! 

フリード+の純正アクセサリーを画像で詳しくチェック!【62枚】

画像ギャラリー

Writer: 工藤貴宏

1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。心掛けているのは「そのクルマは誰を幸せにするのか?」だ。現在の愛車は10年乗ったポルシェ・ボクスターSから乗り換えたルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとマツダ CX-5。

1 2

最新記事