日本最高峰のレース「スーパーGT」の2019年最終戦に密着! 2台のModuloマシンはどんな戦いぶりを見せたのか?【PR】

2019年11月2日と3日に、国内最高峰の自動車レース「スーパーGT」の最終戦となる第8戦が栃木県のツインリンクもてぎでおこなわれました。「Modulo」ブランドをボディにまとい戦った2台のNSXは、どのような走りを見せたのでしょうか。

ツインリンクもてぎでおこなわれる最終戦は2019年もアツい戦いに!

 日本国内のモータースポーツにおいて、最高峰のカテゴリーに位置づけられるスーパーGT。2019年シーズンは4月13日-14日に岡山国際サーキットで開幕し、全8戦で争われるシリーズはついに最終戦を迎えました。最終戦となる第8戦の舞台は、毎年恒例のツインリンクもてぎです。

 2019年シーズンのスーパーGTは天候に左右されるレースも多かったですが、第8戦がおこなわれた2019年11月2日と3日の両日とも、秋晴れの青空のもとで開催されました。

スーパーGT2019年第8戦のGT300クラスに参戦した「34号車Modulo KENWOOD NSX GT3」

 スーパーGTの特徴といえば、レースごとに各マシンが獲得したポイントに応じて次戦のウェイトハンデが決定されることです。そのため毎戦どこのチームが勝つかわからない激しいバトルが展開されますが、この最終戦は全マシンがウェイトハンデなしのガチンコ勝負。

 今シーズンを戦い抜くなかで、どれだけマシンやタイヤを理解し、またチームワークを高められたかがカギとなる「ザ・総力戦」となるため、どのチームが勝つか予想がつかないレースとなりました。

 そんななか、注目されるのは「Modulo」の2台のマシンです。Modulo(モデューロ)とは、ホンダの純正アクセサリーを開発・販売するホンダアクセスのスポーティブランドで、GT500クラスに参戦するチーム「Modulo Nakajima Racing」の「64号車Modulo Epson NSX-GT」、そしてGT300クラスに参戦するチーム「Modulo Drago CORSE」の「34号車Modulo KENWOOD NSX GT3」の2台をタイトルスポンサーとしてバックアップしています。

 とくに64号車Modulo Epson NSX-GTは、第7戦で2019年シーズン初表彰台となる2位を獲得していたため、2戦連続の表彰台に期待がかかりました。

スーパーGT2019年第8戦の予選を走る「64号車Modulo Epson NSX-GT」

 11月2日におこなわれた予選では、64号車Modulo Epson NSX-GTは牧野任祐選手が予選Q1に出場。この最終戦は全車がウェイトハンデを載せないため、純粋なスピード勝負となりますが、牧野選手は1分37秒064と、8番手のタイムを記録します。

 ほかのマシンに比べてコースインしたタイミングは遅かったものの、予選アタックに入った時間は早く、ダンロップタイヤの温まりの良さを感じさせました。

 そしてQ2はナレイン・カーティケヤン選手が挑みます。2019年シーズンからスーパーGTに参戦したナレイン選手ですが、国内外での豊富なレース経験を持ち、2017年と2018年は現在も所属するナカジマレーシングからスーパーフォーミュラに参戦した経験を持つベテランドライバー。

 スーパーGT初年度ながら手堅い走りを見せ、1分37秒028をマーク。7番グリッドから決勝レースに挑みます。

 一方、GT300クラスに参戦する34号車Modulo KENWOOD NSX GT3は、午前中におこなわれたフリー走行からタイヤのマッチングに苦しんでいました。

 ロングランをおこなうとタイヤの表面に「ささくれ」と呼ばれる現象がでるほか、タイヤカスがこびりついてしまう「ピックアップ」により、ラップタイムを長く維持することが難しくなります。

 そのため走行時間の長い決勝レースでは厳しい戦いが予想され、チームは予選順位より決勝でのペースをいかに早く保つかを重視。それでも予選Q1は道上龍選手が1分47秒111、Q2では大津弘樹選手が1分46秒646を記録し、12番手から決勝レースに挑みました。

スーパーGT最終戦を疾走! ふたつのModuloマシンの画像を見る(54枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事