「カーエアコン寒い!」「いや暑い!」どう対応? 夏のドライブの「肌感覚」違うとトラブルに!意外と大事な「温度調整」以外のエアコン使用法とは

クルマに複数名が乗ってお出かけしていると、カーエアコンの効きの「強い」「弱い」で、意見の違いが出ることがあります。どう対応すべきなのでしょうか。また、カーエアコンをより効率的に使用することで、快適度を高める工夫もあります。

カーエアコンの設定、温度調整だけじゃない!

 クルマに複数名が乗ってお出かけしていると、カーエアコンの強い弱いで、意見の違いが出ることがあります。
 
 暑いと思ってカーエアコンを強めにしたら、同乗者から寒いと言われたり、反対に弱めたら暑いと言われたり、快適な温度は人によって差があります。また、座る位置や日差しの状況で体感温度は変わることもあります。
 
 こんなとき、お互いに我慢しなくてよい方法はあるのでしょうか。また、カーエアコンをより効率的に使用することで、快適度を高める工夫もあります。

カーエアコンは車内の快適さに欠かせない
カーエアコンは車内の快適さに欠かせない

 まずは、設定温度だけでなく、「風量」「吹き出し口の向きの調整」「内気循環、外気循環の切り替え」なども行う余地があります。いろいろ変化させてみましょう。

 また、可能な限り「AUTOモード」を使用しましょう。設定温度になるように風向・風量は自動調節されるため、車内の「温度ムラ」を抑えられます。

 また細かい調整に加えて、後から乗った人への配慮も大切です。暑い外出先から車内に入ったとき、しばらくは暑いのに、時間が経つと今度は寒く感じるといったこともよくあります。

 この場合は、後から乗車し、暑さを感じている人のほうに向けてへ風を当てるなどして対応しましょう。直接風が当たると扇風機と同じで涼しく感じるためです。なお、顔のほうへ風を当て続けると、目の表面が乾く「ドライアイ」を引き起こす原因にもなるので、気を付けましょう。

 ただし、暑いからといって長時間風に当たると、肌の乾燥につながったり、体調不良の原因になったりする場合があるため、適度に涼んだら風向きを変えたり風量を弱めるなど、切り替えが大切です。

 よくあるのが、「A/Cボタンがオフになっている」という状況です。これではそもそもエアコンのコンプレッサーが作動せず、十分に空気を冷却・除湿できていない可能性があります。

 さらに、同じ温度でも「湿度を下げる」と多くの人が快適に感じるといった調査結果があります。A/Cボタンをオンにすることで「除湿機能」も働くため、快適な車内環境の維持に役立つでしょう。

 どの方法を試しても改善が難しい場合、寒さが苦手な方は車内に上着を常備しておくこともおすすめします。

 車内の温度は暑さを感じる人に合わせておくほうが無難かもしれません。というのも、暑さを我慢すると発汗による匂いなど、ほかのトラブルが起こる原因にもなるからです。

 寒いのが苦手な人は、冷風の当たらない座席に座り、上着で温度調節をするなど、柔軟に対策できるとよいでしょう。

【画像】オェェェー…!! これがクルマの「不快な臭い」の原因です!(16枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー