スズキが“新”「ハスラー」発表! めちゃ黒顔の「新タフワイルド」も設定! オシャレベージュ&斬新2トーンも用意 「カラバリ」の変化とは

スズキは2024年5月24日、「ハスラー」を改良するとともに新タイプ「ハスラー タフワイルド」を設定しました。特徴的な新色も登場しています。

新「ハスラー」 カラバリも大変化!

 スズキは2024年5月24日、改良モデルの新「ハスラー」を発売しました。
 
 装備の充実と新タイプ「ハスラー タフワイルド(以下、タフワイルド)」が追加されましたが、新色も追加されています。

新「ハスラー」登場 カラバリも刷新
新「ハスラー」登場 カラバリも刷新

 ハスラーは2014年に登場しました。軽トールワゴンの使い勝手に、アウトドア映えする個性的なデザインが人気を博し、スズキにおける主力モデルとなっています。

 現行型は2代目で、2020年1月に発売。

 デザインは初代を引き継ぎつつ、全車がマイルドハイブリッドとなったほか、新エンジンやCVTを搭載し走行性能と燃費性能を向上。さらに「デュアルカメラブレーキサポート」や全車速アダプティブクルーズコントロールなどを採用し、先進・安全機能を向上しました。

 今回、登場から4年を迎え、改良が実施されました。

 主にLEDヘッドライトやコネクテッドサービス「スズキコネクト」の全車標準装備化に加え、上級モデル「X」では「ナノイーX」搭載フルオートエアコン、360°プレミアムUV&IRカットガラス、LEDルームランプの採用など、装備の充実化を図っています。

 エクステリアでは、Xグレードでフロントの「HUSTLER」のエンブレム追加、メッキガーニッシュが装備され、質感を高めています。

 また、新たにカラーラインナップが追加され、計11色を選択可能になっています。

 2トーンでは、「バーミリオンオレンジ ソフトベージュ2トーン」と「アクティブイエロー ガンメタリック2トーン」を設定。

 バーミリオンオレンジ ソフトベージュ2トーンは鮮烈なオレンジと優しい風合いのベージュを組み合わせたものです。改良前モデルではソフトベージュではなくガンメタリックのコンビネーションとなっており、ポップで明るいイメージに刷新しました。

 タフギア感のあるイエローとガンメタを組み合わせたアクティブイエロー ガンメタリック2トーンも、改良前ではソフトベージュのコンビで可愛らしいコーディネートでしたが、こちらはガンメタになり一気にアクティブな装いとなっています。

 モノトーンでは単色の「ソフトベージュメタリック」を新たに設定。従来型では2トーンのサブカラーとしての設定で単色では選べませんでしたが、ホワイトパールとも異なる親しみやすさが感じされます。

 なお「コーラルオレンジメタリック ソフトベージュ2トーン」は廃止されました。

 さらに、今回の改良ではラインナップに、専用パーツを備えて存在感を向上させた新タイプ タフワイルドが追加されています。

 専用の横バー型ブラックフロントグリルや専用フロントバンパー、ブラックエンブレム、ルーフレールなどを装備し、本格SUVのような頼もしさを感じさせる仕様に仕上げています。

 エクステリアカラーでは、「オフブルーメタリック ブラック2トーン」「ソフトベージュメタリック ブラック2トーン」「バーミリオンオレンジ ブラック2トーン」など、専用ブラックパーツと統一感をもたせた専用色を用意。

 モノトーンカラーでは「スチールシルバーメタリック」が専用色として設定され、無機質なシルバーとブラックパーツのコーディネートとなっており、こちらも精悍な印象です。

※ ※ ※

 新ハスラー改良モデルの価格(消費税込)は、151万8000円から188万4300円です。

 タフワイルドは、176万円から197万2300円に設定されています。

【画像】超カッコイイ! これが「新ハスラー」です! 画像で見る(36枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー