日産が低CO2アルミニウム製部品の採用を開始! 2030年までにすべてを置き換え!? CO2排出量の大幅削減を目指す

日産は、本年度より新型車と現行車を含めたすべての車両で、グリーンアルミニウムまたはリサイクルアルミニウムを使用する低CO2アルミニウム製部品の採用を進め、2030年までにアルミニウム部品の全量を低CO2アルミニウム製部品に置き換えることを目指すと発表しました。

日産、2030年までにすべての車両に使用するアルミニウム部品の全量を低CO2アルミニウムに置き換え

 2024年5月17日に日産は、今年度から販売しているすべてのクルマに低CO2アルミニウム製部品の採用を進めて、2030年までにアルミニウム部品の全量を低CO2アルミニウム製部品に置き換えることを目指すと発表しました。

日産のアルミホイールが変わる!?
日産のアルミホイールが変わる!?

 日産は、2024年度より新型車と現行車を含めたすべての車両で、グリーンアルミニウムまたはリサイクルアルミニウムを使用する低CO2アルミニウム製部品の採用を進めることを明かしました。

 これにより2030年までにアルミニウム部品の全量を低CO2アルミニウム製部品に置き換えることを目指すことも発表しています。

 グリーンアルミニウムは、非化石由来の電力で製錬されており、アルミニウム地金製造時のCO2排出量を約50%削減が可能です。

 また、リサイクルアルミニウムはCO2排出量を約95%を削減できると言います。

 日産は、これまで株式会社神戸製鋼所および株式会社UACJから日本で生産する車両のパネルに低CO2アルミ板材を調達してきました。

 そして今回、日本のみならずグローバルで、加工済みの部品を含めた全てのアルミニウム部品に低CO2アルミニウムを採用することで、より一層のCO2排出量削減を推進していくとしています。

 新型車については2027年度以降に生産を開始する全車で、アルミニウムを原材料とする部品に低CO2アルミニウムの適用を進めます。

 また現行車については2024年度より日本をはじめ米国および欧州において、低CO2アルミニウム製のホイール、サスペンション部品、アクスル部品、ハーネスなどの調達を順次開始。

 2024年度末時点で、同地域において調達するアルミニウム部品で使用される新規採掘アルミニウムの約20%が、グリーンアルミニウムまたはリサイクルアルミニウムに置き換わる予定です。

 日産は2050年までにクルマのライフサイクル全体*3におけるカーボンニュートラルの実現を目指すとしています。

 これにより車両重量の約10%を占めるアルミニウムをすべて低CO2アルミニウムに置き換えることで、カーボンニュートラル実現への重要なステップになると言います。

 また日産は「サステナビリティを事業の中核に据え、よりクリーンで安全、インクルーシブな世界を目指し、あらゆるビジネスの側面で常にサステナビリティを優先して取り組んでいます」と説明しており、今後もサステナブルな社会の実現に向けた取り組みを加速していくようです。

【画像】超カッコイイ! これが「新キックス」です! 画像で見る(50枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー