トヨタ新型「カローラ“クロス”」発表! 「レクサス」級にカッコイイ「斬新フェイス」へ刷新! 新型「コンパクトSUV」約494万円から ブラジルに登場

トヨタのブラジル法人は2024年4月22日、マイナーチェンジを実施したコンパクトSUV「カローラクロス」(2025年モデル)を発表しました。

ガソリンとエタノール燃料が利用可能な「フレックスハイブリッド」もラインナップ

 2024年4月22日、トヨタのブラジル法人は新型「カローラクロス」を発表しました。
 
 外装のデザイン変更などを伴うマイナーチェンジを実施し、イメージを一新した2025年モデルです。

レクサス「スピンドルボディ」を思わせる斬新フェイス!
レクサス「スピンドルボディ」を思わせる斬新フェイス!

 カローラクロスは、1966年以来グローバルで展開されるトヨタの世界戦略車「カローラ」シリーズに、2020年に追加されたコンパクトSUVです。タイでグローバルデビューを果たし、日本導入は2021年9月でした。

 4代目プリウスや他のカローラシリーズ同様に、最新のTNGA「GA-C」プラットフォームをベースに開発され、先進運転支援機能「トヨタセーフティセンス」を装備します。

  パワートレインは1.8リッターハイブリッド、ガソリンとエタノールのどちらも燃料として使用できる最高出力175ps、最大トルク20.8kg-mの2リッター“フレックス”エンジン、そしてフレックスハイブリッドをラインナップします。

 トヨタのブラジル法人によると、カローラクロスはこれまで現地で23万台以上が生産され、ブラジル市場やラテンアメリカ、カリブ海の20か国以上で販売され、成功を収めているといいます。

 なかでも2023年は、ブラジルで最も売れた電動モデルとなっただけではなく、同国で最も輸出されたクルマとなりました。

 このようにユーザーからも高評価を得ているカローラクロスが、ブラジル市場でマイナーチェンジを実施しました。

 最新の2025年モデルでは、外装デザインを変更しました。

 モダンさと洗練さを表現する新ハニカムスタイルグリルを中心に、フロントまわりを一新し、LED シグネチャとシーケンシャルターンライトも備えています。

 また18インチアルミホイールも新たな3次元デザインが採用され、よりエレガントな印象。リアライトのデザインも一新され、SUVらし存在感をさらに際立せました。

 内装も質感を高めています。

 3つの直感的な表示メニューを備えた新しい12.3インチデジタルメーターパネルを採用するほか、内装色の組み合わせも刷新され、アンビエントライティングも搭載されました。

 ブラジルにおける新型カローラクロス2025年モデルの販売価格は、16万4990レアル(約494万円)から21万990レアル(約632万円)までです。

【画像】めちゃカッコいい! トヨタ新型「カローラクロス」を画像で見る(30枚以上)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 早く合成燃料で走れる車作ってください

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー