日産「新型サニー」!? 全長4.5m級で”約250万円”! 「懐かしの車名」引き継ぐ“迫力顔”の「コンパクトセダン」の正体とは

世界累計販売台数5000万台超の金字塔を打ち立てるトヨタ「カローラ」と、かつて双璧をなした大衆車がありました。その名は日産「サニー」、日本では姿を消してしまいましたが、国外ではまだ存在するようです。どのようなモデルなのでしょうか。

まだあるの!? 日産「サニー」とは

 世界累計販売台数5000万台超の金字塔を打ち立てるトヨタ「カローラ」と、かつて双璧をなした大衆車がありました。その名は日産「サニー」です。

 それぞれの頭文字をとって「CS戦争」と呼ばれるほど熾烈なトップ争いが繰り広げられました。

まだ生きていたのか…! 日産新型「サニー」
まだ生きていたのか…! 日産新型「サニー」

 サニーは日本経済が高度成長真っ只中の1966年に1リッターエンジンを搭載してデビューし、大ヒットします。

 ところが半年後、サニーをライバル視したようなキャッチコピー「プラス100ccの余裕」を掲げてカローラが1.1リッターエンジンで登場し、1969年に年間販売車種No.1の座につきます。

 日産も黙ってはいません。1971年のフルモデルチェンジで、2代目サニーはエンジンを1.2リッターに、ボディサイズも拡大して「隣りのクルマが小さく見えます」というキャッチコピーで応戦します。

 一方、カローラは新たに1.4リッターや1.6リッターを用意し、引き離しにかかります。

 その後、サニーはカローラに先駆けてFF化やターボを採用しますが、カローラの牙城を崩すまでに至らず。

 1991年12月に日産車初となる国内生産累計1000万台を達成するものの、ユーザー層の高齢化、小型セダン市場の縮小、そしてルノーとアライアンスを組んだことによるグローバル戦略の流れもあって、2004年、9代目をもってサニーの名は日本市場から消滅します。

 ただ、サニーの名が世界から消えたわけではありません。1994年に導入を始めた中東では、サニーという名はそのままに進化を続けており、日産サウジアラビア社長は「サニーはイノベーションの象徴です」と述べ、小型セダンのフロントランナーとしての地位を確立しているそうです。

 現行モデルは2019年に登場した11代目にあたり、2023年10月30日に誕生した2024年モデルでは新しいVモーショングリルを採用するなどアップグレードが図られました。

 ボディサイズは全長4496mm×全幅1740mm×全高1455mm、ホイールベース2618mm。

 エンジンは最高出力160ps、最大トルク149Nmを発揮する1.6リッターガソリンで、CVTを組み合わせています。e-POWERは未設定です。価格は6万1500UAEディルハム(約250万円)からとなっています。

【画像】超カッコイイ! ニッサン新型「サニー」を画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー