免許更新の「講習」がオンライン化! 「ゴールド免許」以外でも対象に! どうやるの? 24年度末までに全国で

警察庁では2024年度末までに全国でオンライン講習が受講できるよう目指しています。現在、一部の道府県で運転免許更新時の講習をオンラインで受講できる取組みが始まっていますが、どのような意見が寄せられているのでしょうか。

オンラインの免許講習の現状は?

 現在、一部の道府県で運転免許更新時の講習をオンラインで受講できる取組みが始まっています。
 
 では、実際のところオンライン講習に関してはどのような意見が寄せられているのでしょうか。

運転免許のオンライン講習、一般ドライバーに対象が拡大!反響は?
運転免許のオンライン講習、一般ドライバーに対象が拡大!反響は?

 運転免許の更新手続きをする際は会場に足を運び、運転者講習や視力検査、写真撮影などを受けなければいけません。

 特に運転者講習は優良、一般など免許区分に応じて30分~2時間程度の時間がかかるため、仕事や育児などでなかなか免許更新に行けないという人もいるでしょう。

 そのような中、2022年2月1日から北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で「オンライン更新時講習モデル事業」が試行的に始まりました。

 このモデル事業は対象地域に住む優良運転者、いわゆるゴールド免許のドライバーの免許更新について、運転者講習をオンラインで受講できるようにする取組みです。

 ただしオンライン化するのはあくまで講習のみで、視力検査や免許証の受け取りなどの手続きは免許センターや警察署でおこなう必要があります。

 なお、2023年10月2日からは優良運転者だけでなく一般運転者にも対象が拡大されたため、より多くの人が利用できるようになりました。

 オンライン講習受講者の具体的な条件としては大きく以下の4点が挙げられます。

ーーー
 1.免許更新ハガキに記載された講習区分が「優良運転者」または「一般運転者」であること(70歳未満)

 2.オンライン講習の受講および免許更新の時点で対象地域に居住していること

 3.住所が対象地域となっているマイナンバーカードを持っていること

 4.対象地域の更新申請窓口で免許証の更新手続きをする予定であること
ーーー

 また受講方法は、まず対象地域の警察ホームページからオンライン更新時講習モデル事業の専用サイトにスマートフォンまたはパソコンでアクセスします。

 そしてマイナンバーカードを使って専用サイトにログインしてから講習動画を視聴し、アンケートに回答すれば受講終了です。

 その後は、運転免許センターや警察署などで申請をすることで免許更新ができます。

 オンライン講習に関しては「講習動画を見ずに他の作業をしながら受講できるのでは?」といった懸念の声もときどき聞かれます。

 しかし、動画のチャプターごとに確認問題が出題されるほか、受講状況を確認するために合計3回の写真撮影がおこなわれるため、その点の対策は万全といえるでしょう。

 注意点としては講習に際してマイナンバーカードの読み取りが必要で、パソコンの場合はカードリーダーの準備、スマートフォンの場合は読み取りに対応した端末であるかを事前に確認しておくことが重要です。

 また優良運転者の講習動画が30分であるのに対し一般運転者は40分であるほか、一般運転者は講習動画を視聴した後に別途運転適性診断を受ける必要があります。

 このオンライン講習が開始された当初は、SNS上において「結局警察署に出向く必要があるならオンラインの意味ないじゃん」「二度手間」といった批判的な声も少なくありませんでした。

 しかし日本電気株式会社がオンライン講習の受講者を対象におこなったアンケートでは、「オンライン講習は対面での講習と比較して便利でしたか」との設問に96.8%の人が「便利だった」「やや便利だった」と回答しています。

 さらに「曜日・時間を問わず自分の好きな時間で受講できた」「育児・妊娠中・産後だったので助かった」など肯定的な意見が多数寄せられたほか、「今後もオンライン講習を受講できるとしたら利用しますか」との問いには99.5%もの人が「利用する」と回答しています。

 多くの人が忙しい時間を過ごす中で、講習を自分の好きなタイミングや隙間時間に受講できるだけでも大きなメリットなのかもしれません。

 その一方で、受講者からは「動画の音飛び、音割れがあった」「動画が見切れる」「アクセスが集中して先に進まない」といったオンラインならではの指摘もあり、今後改善が必要な点といえるでしょう。

※ ※ ※

 現在、免許更新時のオンライン講習は4道府県で優良・一般運転者を対象におこなわれています。

 警察庁では2024年度末までに全国でオンライン講習が受講できるよう目指しており、免許保有者にとって利便性の向上が期待されます。

【画像】「えっ…!」これが自慢したくなる激レア「ピンクの免許証」です(25枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

9件のコメント

  1. 試みとしては悪くないと思いました。
    警察署での対応時間が短く仕事をしている人が行きづらい役所営業なので、警察署での業務負担を減らしつつ、対応時間が広がると利用者としては望ましいと思いました。
    子連れで警察署での更新をしたこともあり、警察署の方は親切で不満はありませんでしたが、そこに人を割かずに利便性に繋がればとも思わなくはなかった。

  2. 全ての家庭でオンライン環境が整っている訳でない。オンライン自体に利用が不慣れな高齢者
    等はどうするつもりなのか?

    • そういう人は直接行けばいいだけ

  3. 従来通りの受講を廃止するとは一言も書いてませんよね?どうするも何もオンライン受講すら上手く出来ない位の高齢者なら、早目に免許返納するのが本来だと思いますよ?

  4. 過去に子連れで講習を受けに行った事がある。
    気は使うし集中しきれないし、家で受けられるなら小さな子をかかえるママさんは助かると思うなぁ。
    仕事してる人も講習の為に取りたくない休みを取らなくて済むし利点は多いと思う。
    免許センターがある地域の人より、警察署で更新する人は恩恵大きいかもね。
    3回出向かなきゃならないのが1回減るから。

  5. マイナンバーカード必須には一切協力しません。
    オンライン講習者が増えて免許センターの講習待ちの混雑がなくなればいいな

  6. 高齢者(70以上)は優良講習、一般講習とは別で高齢者講習があり、オンライン講習の対象外です。
    決まった時間にしか開催されない講習受けるために長時間拘束されなくなるとしたらメリットしか無いのでは?

  7. これからって感じですから、本来の利便性が上るのは数年後でしょう。 他の問題は試験場があるからと警察署での手続きが出来ない地域があることですね。
     
    はっきり言って試験場より警察署の方が対応がいい場合が多いので、警察署で手続きをしたいと思う人もいるのです。
     
    試験場は対応と態度の悪い人がいますからね。

  8. ゴールドだがビデオ観賞してる間に免許を作成、終了後に交付されるのでわざわざ自宅で見る必要はないかな

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー