レクサス新型「小さな高級車」発売! “新シフト”採用×性能アップして登場! 「見た目以上」刷新の「UX」に反響は?

2023年12月19日、レクサスはコンパクトSUV「UX」の改良を行い、新モデル「UX300h」「UX300e」を発表しました。この改良についてSNSなどではさまざまなコメントが投稿されています。

新型「UX」登場に反響

 2023年12月19日、レクサスは、コンパクトSUV「UX」の改良モデルを発表しました。新型「UX300h」は2024年1月上旬頃、「UX300e」が1月下旬頃に発売予定です。
 
 この新型UXについて、SNSなどではコメントが投稿されています。

レクサス「UX」改良モデルが登場
レクサス「UX」改良モデルが登場

 UXは2018年に登場したコンパクトSUVです。

 当初は2リッターガソリンエンジンモデル「UX200」と、ハイブリッドモデル「UX250h」のみでしたが、2020年にはレクサス初のバッテリーEV(BEV)として「UX300e」が追加されました。

 今回の改良モデルではUX200が廃止され、ハイブリッドモデルとBEVモデルのみのラインナップに絞られています。

 このうち、ハイブリッドモデルのUX250hはパワートレインを刷新し、従来の135kW(約183馬力)から146kW(約198馬力)へとシステム出力を向上。それに伴い「UX300h」と車名を変更しています。

 UX300eでは、急速充電時間を約25%短縮することで、より使い勝手の良いBEVへと進化させています。

 ボディはラジエーターサポートブレースの追加や、ロアバック、サスペンション締付トルクを強化することで、ボディ剛性を向上。ライントレース制御やフラットボディ制御を織り込み、操縦安定性を強化しています。

 また、ブレーキ前後制動力配分制御を採用し、リニアな制動感やブレーキペダルを強めに踏み込んだ際の高い接地感と安心感が得られるブレーキングを実現しました。

 加えて、ショックアブソーバーやパワーステアリング制御、電制サスペンション「AVS」、制動・駆動力の制御などをチューニングしなおし、走行性能を高めています。

 新型UXでは静粛性能も向上させており、ルーフ減衰材を高減衰タイプへ置き換えたほか、ダッシュパネルやリアホイールハウスなどに制振材を追加しています。

 先進安全装備では、「レクサスセーフティシステム+」の機能を高め、昼間の自動二輪車や夜間の自転車ドライバーを検出できるようになりました。

 エクステリア上の変更はありませんが、インテリアは、12.3インチ大型フル液晶メーターを採用するほか、一部の表示を変更。シフトレバーは、電制シフト「エレクトロシフトマチック」を新たに装備しています。

 センターコンソールやシフトパネル、フロントトレイ、パワーウィンドウスイッチベースには、金属感があり光の当たり方によって面の表情が変わる新色を用いました。

 価格(消費税込)は新型UX300hが455万9000円から、新型UX300eが650万円からに設定されています。

※ ※ ※

 この改良モデルのUX登場について、SNSなどではさまざまなユーザーからコメントが投稿されています。

「すごく取り回しのよいクルマ」「使い勝手いいんですよね」「ヘーゼル内装がオシャレで気に入ってる」など、改良が行われたことでUX自体の魅力を再認識する人が多いようです。

 また、「250hから進化してる」「ハイブリッドシステムやEVシステムの能力がグッと上がってますね」「年々UXは魅力的になっていきますね」など、基本性能向上に注目する人もおり、改良への期待が高まっていたことがうかがえます。

 一方で、「エクステリアは変化なしか…。RXとかLBXのような顔になってほしかったなあ」など、大きな刷新を期待していたユーザーもいるようです。

【画像】超カッコイイ! レクサス「小さな高級車」を画像で見る(40枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. なぜ新シフト?これでプリウス同様の事故が増えるんでしょうね

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー