ホンダ新型「インスパイア」登場! 全長5mで縦型グリルのド迫力セダンに反響は? 中国で364万円から

2023年7月3日、中国の東風ホンダが新型「インスパイア」を正式発表しました。どのような反響があったのでしょうか。

ホンダ新型「インスパイア」正式発表

 2023年7月3日、ホンダと中国東風汽車の合弁会社「東風ホンダ」が新型「インスパイア」を発表し、価格やグレードなどの詳細を公開しました。これに対しSNSなどではどのような反響があったのでしょうか。

ホンダ新型「インスパイア」
ホンダ新型「インスパイア」

 インスパイアは、1989年登場の「アコードインスパイア4ドアハードトップ」を起源に持つ4ドアセダンです。2018年に中国で誕生した6代目以降は、日本では販売されていません。

 今回、5年ぶりにフルモデルチェンジした7代目の新型インスパイアについて、東風ホンダは「賢く、合理的で、積極的な“スマートエリート”向けのクルマ」と表現します。

 ボディサイズは全長4979mm×全幅1862mm×全高1449mm、ホイールベースは2830mmです。

 エクステリアは、比較的ワイドなボディと低く構えたスポーティなフォルムや、流線型のボディデザインが特徴。縦型のストレートウォーターフォールグリルが採用され、欧州の高級車のような雰囲気をまといます。

 インテリアは、水平基調のシンプルなインパネやレザーとスエードのシートがミニマリズムの中に高級感を際立たせるほか、マルチファンクションディスプレイ、スマートスクリーン、12個のスピーカーからなるBOSEオーディオシステムなどが快適なドライブを実現します。

 パワートレインは、最高出力191馬力・最大トルク260Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒VTECターボエンジンにCVTを組み合わせたガソリンエンジンモデル(SPORT TURBO)に加え、最高出力148馬力・最大トルク182Nmのガソリンエンジンと最高出力183馬力・最大トルク335Nmのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデル(e:PHEV)も用意されます。

 価格は、ガソリンエンジンモデルが18.28万元(約364万円)、プラグインハイブリッドモデルが22.98万元(約458万円)からです。

 このような新型インスパイアに対しSNSなどでは、「大きい…」「このサイズならやっぱりアコードよりインスパイアの方がしっくりくるな」など、サイズに言及する人が複数いました。

 また、縦型の特徴的なグリルは「グリルめっちゃボルボやん」「グリルが主張し過ぎ」など、賛否や好みが分かれています。

 さらに「ZR-Vのセダン版みたいだな」と既存のSUVモデルを連想する人も。

 このほか、「良くまとまったデザインでいいね」「このサイズと内装で364万円~はかなりリーズナブルだと思う」「日本で発売してくれたら、アコードから買い換えたいです」など、肯定的な意見を投稿する人も多くいました。

ホンダ・インスパイア のカタログ情報を見る

【画像】精悍顔がカッコイイ! ホンダ新型「インスパイア」を画像で見る(50枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー