スバルが新型「インプレッサ」6代目モデルは「スポーティ」さ強調! 見どころは「特別なマフラー」にあり?

スバルは2023年1月13日、東京オートサロン2023会場で新型「インプレッサ」日本仕様のプロトタイプモデルを国内初公開しました。展示モデルにはSTIパーツも備わり、新型のスポーティさをアピールします。

新型のスポーティさを強調する「STIパーツ」を多数装備

 スバルは、2022年11月17日に米国で世界初公開された6代目の新型「インプレッサ」を、2023年1月13日より15日まで開催されたカスタムカーイベント「東京オートサロン2023」で国内初披露しました。
 
 展示されたのは国内仕様のプロトタイプで、外装にはスポーティな雰囲気を高めたSTI(スバルテクニカインターナショナル)製のカスタムパーツも多数装着しています。その見どころについて紹介します。

2023年1月13日から15日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された「東京オートサロン2023」会場で国内初披露されたスバルの新型「インプレッサ」[国内仕様プロトタイプ/STIパーツ装着車]
2023年1月13日から15日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された「東京オートサロン2023」会場で国内初披露されたスバルの新型「インプレッサ」[国内仕様プロトタイプ/STIパーツ装着車]

 1992年登場の初代以来、インプレッサはスバルの中核をなす主力モデルとして歴史を重ねてきました。

 スポーティさとカジュアルさを併せ持つデザインや優れた運動性能、高い安全性を誇る先進運転支援機能、そして高い実用性を特徴とします。

 スバルは6代目となる新型インプレッサについて、歴代モデルの特徴を継承しながら、さらにスバルの最新技術を搭載し、安全性能や動的質感を大幅に向上させたといいます。

 今回東京オートサロン2023で日本初公開された新型インプレッサのパワートレインは、2リッターDOHC直噴ガソリンエンジンとモーターを組み合わせた「e-BOXER(イーボクサー)」で、駆動方式はAWD(四輪駆動)。トランスミッションはリニアトロニック(CVT)と組み合わされています。

 スタイリングは躍動的でスポ―ティなデザインとし、歴代インプレッサが培ってきた個性をさらに高めました。

 ボディサイズは全長4475mm×全幅1780mm×全高1515mm、ホイールベース2670mm(数値はすべて開発目標値)。

 今回東京オートサロン会場に出展されたプロトタイプには、新型のスポーティなキャラクターを際立たせるSTIパーツを多数装着します。

 具体的には、フロントバンパー下のフロントアンダースポイラー、サイドシル下部のアンダースポイラー、リアバンパー下のリアサイドアンダースポイラー、ハッチゲート上部のルーフスポイラー、そして中央に集約され2本出しされたセンターマフラーなどの外装パーツが備わっていました。

 なかでもセンター出しのマフラーは鮮烈な印象で注目のポイントといえます。

 また各スポイラーは、アルミホイールとともにブラックにトータルコーディネートされ、新型インプレッサの新設定色「サンブレイズパール」ともに、スポーティさを強調します。

 なおスポーツサスペンションなどの足回りパーツについては、今回のモデルには装着されていない模様です。

 新型インプレッサのSTIパーツについて、オートサロン会場の展示車両を説明するスバル関係者に聞いたところ、次のような答えが返ってきました。

「商品化を目指し、現在開発をおこなっているところです。詳細は発売を楽しみにしてください」

 なお新型インプレッサは2023年春以降の注文受付を予定しており、価格や仕様などは明らかにされていません。

 スバルからの正式発表が待たれるところです。

スバル・インプレッサスポーツ のカタログ情報を見る

【画像】「黒パーツ」も凛々しい! 初公開されたスバル新型「インプレッサ」国内仕様車を写真で見る(35枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. スバルはいい車作るのにデザインはイモっぽ。コンセプトは凄くかっこいいのに実車になるとほんとイモ。