ホンダに続くは韓国車か 自動運転レベル3をジェネシス「G90」に搭載! 技術革新進むヒョンデとは

2021年3月に世界で初めて市販車に搭載された「レベル3」の自動運転技術ですが、2022年に発売される韓国現代自動車グループの高級車ブランドジェネシスの「G90」でも搭載されることが明らかになりました。実現すれば、ホンダ「レジェンド」に次ぐ2例目となる可能性があります。

「レベル2」と「レベル3」の間には大きな壁

 韓国の自動車メーカー最大手の現代自動車グループは、「レベル3」相当の自動運転機能を持たせたモデルを2022年内に発売することを明らかにしました。
 
 もし実現されれば、現時点では、2021年3月に100台限定で発売されたホンダ「レジェンド」に次ぐ、市販車への導入となる可能性があります。

ド迫力顔なジェネシスの「G90」2022年には「レベル3」を搭載するモデルを発売するという
ド迫力顔なジェネシスの「G90」2022年には「レベル3」を搭載するモデルを発売するという

「電動化」や「コネクテッド」と並んで、今後の自動車業界における重要なキーワードとなっているのが「自動運転」です。

 ただ、文字通りの自動運転、つまりクルマの乗員は一切操作することなく目的地まで送り届けてくれるという意味での完全自動運転の実現はさまざまな意味で難しく、現段階では着実な研究開発を各社が進めているという状況です。

 日本政府は、自動運転のレベルを5段階に分類しており、レベル1-2では運転操作の主体はあくまでドライバーにあり、システムは運転支援にとどまります。

 具体的には、現在一般化しつつある自動ブレーキやアダプティブ・クルーズ・コントロールなどの運転支援機能は、「レベル1(運転支援)」の自動運転であり、そこにハンドルアシストなどを加えたものが「レベル2(部分自動運転)」の自動運転です。

 トヨタ「トヨタセーフティセンス」や日産「プロパイロット」、ホンダ「ホンダセンシング」などの先進運転システムは、「レベル1」および「レベル2」の機能を組み合わせたシステムであり、したがって、日本においては、2021年現在で「レベル2」までの自動運転技術がほぼ普及しつつあるということができます。

 しかし、「レベル3(条件付き運転自動化)」からは、システムが主体となるため、そのハードルは格段に高くなります。

「レベル3」の自動運転とは、具体的に、おもに高速道路などでの限られた環境下ではあるものの、ドライバーが運転に関する操作を一切することなく、システムに運転を任せられることです。

 言葉を換えれば、システムに運転を任せている間は、風景を見たり、読書をしたりといったことが可能になることを意味します。

 ただし、「レベル3」の自動運転の場合は、システムが作動不可能になった場合に備えて、ドライバーが常に運転をおこなえる状態にあることが求められるため、睡眠したり飲酒をしたりということはできません。

 それでも、現在の感覚からすれば、飛躍的な技術の進歩が必要であることは想像に難くありません。

「レベル3」の自動運転技術については、2017年にアウディが「A8」に「レベル3」相当の自動運転技術を組み込める準備があることを発表しました。

 しかし、法整備などの問題から、現時点では実際に販売されてはいません。

 そうしたなか2021年3月に、ホンダが「レベル3」相当の自動運転システムである「ホンダセンシング エリート」を搭載したレジェンドを発売したことで、世界で初めて条件付き運転自動化を実現した市販車が生まれたことになります。

 ホンダセンシング エリートでは、高速道路上でのハンズオフ(手離し)運転や、渋滞時のナビ視聴が可能となるなど、「レベル2」の自動運転機能とは一線を画しています。

 技術的には「レベル3」相当の自動運転技術を確立しているメーカーは少なくないといわれていますが、市販化するためには法整備やユーザーへの理解促進など、技術面とは異なる課題も多く、それをクリアしたという点でホンダは自動車業界に大きな衝撃を与えたといえます。

 ちなみに、「レベル4」の自動運転は「高度運転自動化」とも呼ばれ、限定的な場所で、緊急時なども含めてシステムが運転操作をおこなうものを指します。

 東京オリンピック2020で、会場内を走行していたトヨタ「e-Palette」はその代表例です。

 そして「レベル5」は無条件での完全自動運転化です。

 冒頭で述べた「クルマの乗員は一切操作することなく目的地まで送り届けてくれる」という意味での自動運転となります。

 レベル4-5のクルマには、もはやハンドルやアクセルさえ不要となる可能性もあり、今現在のクルマとは、形状からしてまったく異なるものとなることが予想されます。

【画像】これはスゴイ! 世界初のレベル3ってどんなモノ? レジェンドの凄さを写真で見る!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「ヒョンダ」の誤植ではないでしょうか?