「1円でも安く!」 ガソリンを求め長蛇の列も! 家から何キロまで探しにいくのか

巷では「1円でも安いガソリン価格」を求めて家から何キロも離れたガソリンスタンドに赴く人がいるといいます。では、実際にはどの程度まで離れた場所に出かけているのでしょうか。

少しでも安く! 「どこまで探しにいきますか?」

 ガソリン価格の高騰が続いているなかで、消費者のなかには「1円でも安いガソリンスタンドを探す」という人も少なくありません。
 
 では、実際に家からどのくらいの距離まで「1円の安さ」を求めて移動するのでしょうか。

「1円でも安く!」は誰しもが思う理想? どこまで先のガソリンスタンドまで行くのでしょうか?
「1円でも安く!」は誰しもが思う理想? どこまで先のガソリンスタンドまで行くのでしょうか?

 ガソリン価格は、世界情勢などにより日々変動しています。最近では、世界的に新型コロナウイルスのワクチン接種が開始されたことで、経済回復の目処が経ったことから、ガソリン需要が増えると予想された結果、ガソリン価格が上昇しています。

 そうしたなかで、「地域最安値」を掲げるガソリンスタンドが存在します。

 ガソリン価格には全国的な平均が存在していますが、最終的にはガソリンスタンド毎の状況(コストや近隣店舗)をふまえて決定しています。

 そのため、同じ地域でも1円、2円の違いは多く、場所によっては約10円の価格差が存在するケースもあるようです。

 今回、くるまのニュースではガソリン価格に関するアンケートを実施。

 そのなかで、「1円でも安いガソリンスタンドを探しますか?(探す場合に目安距離を教えて下さい)」という設問に対して、次のように回答がありました。

 ・家から半径1km:18.2%
 ・家から半径3km:30.3%
 ・家から半径5km:35.4%
 ・家から半径10km:14.1%
 ・家から半径15km以上:2%

 このなかでもっとも多かったのが家から半径5km、続いて3kmとなりました。

 ユーザーの消費動向について、都内のガソリンスタンドのスタッフは次のように説明しています。

「ガソリン価格を気にされるお客さまは多い印象を受けます。かつては、消費税が10%になる前日に長蛇の列が出来ていました。

 また日頃から1円でも安い場所を探している人もいるようで、以前には『近隣ではココとココが安い』という情報をお客さまから伺ったこともあります。

 しかし、その都度1円でも安い場所を探すのは手間と時間が勿体ないという意見もあります。

 それであれば各石油元売り会社が展開している会員割引やクレジットカードの割引などを利用するのもお得に給油するポイントだといえます」

【画像】燃費が気になるならココに注意! 低燃費なヤリスの実燃費はいくつ?(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント