ホンダ新型「ヴェゼル」にガソリン車はある? 8年ぶりの全面刷新! ユーザーの反響はいかに

2021年2月18日にホンダは新型「ヴェゼル」をワールドプレミアすると明かしています。先行して特設サイトが公開され、e:HEVエンブレムが強調されている画像があったことで、ユーザーからは「ガソリン車が無くなるのか」という不安の声が挙がっています。

新型ヴェゼルにはe:HEVを設定。ではガソリン車は?

 ホンダは、コンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルを2021年1月18日に特設サイトで公開し、ワールドプレミアを2021年2月18日におこなうことを明らかにしました。この内容を受け、ユーザーからはどのような声があがっているのでしょうか。

新型ヴェゼルへの関心高まる! 現行モデル(左)と新型モデル(右)ではCピラーの形状が異なっている。
新型ヴェゼルへの関心高まる! 現行モデル(左)と新型モデル(右)ではCピラーの形状が異なっている。

 現行ヴェゼルは、3代目「フィット」をベースに開発されたクロスオーバーSUVで、初代モデルは2013年12月に登場しました。

 日本市場においては、登場した翌年の2014年、2015年、2016年、2019年と、4度のSUV販売台数1位を獲得しており、ホンダの主力モデルとして人気を博しています。

 発売当初のコンセプトは、「SUVの力強さ、クーペのパーソナル感、ミニバンの使いやすさなど、ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合させた新世代ビークル」とされており、さまざまな場面で気持ちよく走行できる走りの楽しさ、圧倒的な広さと多彩なアレンジができる室内空間など、高い評価を得ていました。

 新型モデルでは、新型ヴェゼルの写真がいくつか掲載されており、外観デザインはリアを横から見た姿がメインビジュアルになっていて、現行ヴェゼルと重ね合わせるとリアウィンドウの傾斜がさらに寝ており、クーペSUVを強調したスタイルになっていることがわかります。

 パワートレインは、写真を見る限り4代目となる現行フィットにも搭載されている「e:HEV」が搭載されるようです。

 e:HEVは、ガソリンエンジンと2モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載しており、2021年1月時点ではホンダの6車種に展開されています。

 また、スマートフォンと車載ナビを連動させる機能や、運転席から後席頭上まで大きく伸びたサンルーフ、後席ドアの上部に取り付けられているスピーカーなど、使い勝手や機能面[k1]の刷新がセールスポイントであることがうかがえます。

 現在公開されている情報を見ても、ヴェゼルが大きく進化していることが想像できますが、ユーザーはどのような印象を受けたのでしょうか。

 まず、パワートレインについては「e:HEV専売モデルになったら買わない」「ノートみたくガソリン車がないと価格設定が高くなるなら買うか悩む」といったe:HEVの情報のみしか出ていないことに対して不安の声があります。

 ガソリン車が設定されないモデルとして日産「ノート」や「キックス」が挙げられ、どちらも先代モデルや海外仕様にはガソリン車が設定されているものの、日本では、ハイブリッドシステム「e-POWER」のみとなります。

 なかでもノートは、2012年に発売された先代となる2代目モデルをガソリン車のみの設定で発売。その後、2016年にe-POWER車を追加設定していましたが、2020年12月に発売された3代目ノートではe-POWER車のみとなりました。

 日産によると、先代ノートやセレナにおいて購入者の7割がe-POWER車を選んでいることや、今後の販売戦略において、新型ノートやキックスでは、e-POWER車のみになったといいます。

 また、トヨタ「プリウス」「アクア」やホンダ「インサイト」「アコード」は、最初からハイブリッド専用車だった、もしくは、先代からハイブリッド車のみに変更されていたなどの事情があります。

 そうしたなかで、新型ヴェゼルでは現行モデルにガソリン車、ハイブリッド車に加えて途中から走りを意識したターボ車を設定するなど、どちらかというとガソリン車に力を入れているモデルでもあるため、新型ヴェゼルでいきなりガソリン車が廃止されるという可能性は少ないのではないでしょうか。

 新型ヴェゼルについて、ホンダの販売店スタックは、次のように話しています。

「新型ヴェゼルに関して、現時点で詳細な情報は入ってきていませんが、特設サイトを見たお客さまから『ガソリンやターボは設定されないのか』という問合せをいくつか頂いています。販売店としてもガソリン車は設定してほしいため気になっている部分です」

※ ※ ※

 また、装備面については、「大型のサンルーフが設定されていそうで期待大!」「最近のホンダとしては珍しくスカイルーフを久しぶりに復活させてきた点は高評価」と、サンルーフに注目が集まっている声が見られます。

 ほかには、「ヴェゼル待っていたけど出ないからハリアーにした」「新型ヴェゼルも気になるけど、ランクルも気になる」といった声もありました。

 そのため、ユーザーとしてはコンパクトSUVだけで比較していることはなく、SUV全体で比較する傾向もあるようです。

※ ※ ※

 三重県鈴鹿市のホンダ鈴鹿工場付近では、2代目ヴェゼルのテスト走行を見たという声が多く見受けられ、新型モデルの期待値が徐々に高まりをみせます。

ホンダ・ヴェゼル のカタログ情報を見る

【画像】新型「ヴェゼル」どうなる? 先行公開の写真を見る!(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. くだらない写真載せるなら、載せない方がまだマシ。スマホ弄ってる女の写真なんか無用だろ。マジイラつく❗