高級車の証「ボンネットマスコット」消滅危機!? なぜブランドの象徴が消えるのか

過去には国産車にもあった!? ボンネットマスコットの存在意義とは

 ボンネットマスコットは、コレクターズアイテムにもなっており、貴重なものは高値で取引されています。バブル期にはあえて自分のクルマにマスコットを装着するドレスアップも流行っていました。

 前述のメルセデス・ベンツのロゴとなる「スリーポインテッド・スター」は、「陸・海・空」を意味し、陸海空とあらゆる乗り物において頂点を極めるという強い意思を示したものだといわれています。

 ロールスロイスの「スピリット・オブ・エクスタシー(フライングレディ)」は1911年以来、同ブランドのアイコンとして使用され、世界でもっとも有名なシンボルのひとつといわれています。「美しさ、富、スタイル、完全さ」を具現化したボンネットマスコットです。

メルセデス・ベンツにはロゴでもある「スリーポインテッド・スター」
メルセデス・ベンツにはロゴでもある「スリーポインテッド・スター」

 そのほかにもジャガーは、ブランド名称の通り動物のジャガーをモチーフに、飛びかかる瞬間を表現しています。

 また、ベントレーの「フライングB」は、1930年に発売された「8リットル」というモデルに初採用されたことから使用されました。

 かつては国産車でも、日産「シーマ」やトヨタ「クラウンマジェスタ」のように、ボンネットマスコットが特徴的なモデルも存在していました。

※ ※ ※

 現在でもボンネットマスコットが付いているクルマは憧れの対象となっています。年々、減っているもののその存在意義は決して薄れるものではありません。

【画像】かつて日本車にもあった! ボンネットに輝く「漢字」のマスコット(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント