SUVのトレンドが変化? SUVナンバー1だった日産「エクストレイル」が苦戦する理由とは

SUVブームの火付け役として人気を博した日産「エクストレイル」ですが、最近はライバル車に人気を奪われている状況です。長年SUV人気をけん引してきたエクストレイルに、何が起きているのでしょうか。

日産「エクストレイル」の販売状況に異変!?

 昨今はSUVがブームとなり、各メーカーからさまざまなモデルがラインナップされています。なかでも、日産「エクストレイル」はブームの火付け役ともいえる存在で、2000年に登場して以来、SUV人気をけん引してきました。

 長年、SUVナンバー1に君臨していたエクストレイルですが、最近になって販売状況に異変が起きているそうです。一体、エクストレイルに何が起こったのでしょうか。

日産「エクストレイル」(3代目)
日産「エクストレイル」(3代目)

 日本自動車販売協会連合会のデータによると、エクストレイルは2019年1月から6月で2万2603台を記録して、全体の21位にランクインしました。

 2019年4月から9月は1万6229台を販売したものの、30位に下降しています。これは、1万7378台を販売して27位になったスバル「フォレスター」よりも少ない台数です。

 日産車のSUVでは「ムラーノ」や「デュアリス」がラインナップから外れて、「ジューク」とエクストレイル以外の選択肢がないことから、エクストレイルを選択する日産派も少なくありません。

 実際、2019年も上旬までは販売が好調で、ライバルのホンダ「CR-V」やマツダ「CX-5」、フォレスターと比べても登録台数で上回っていたのです。

 エクストレイルの潮目が変わったのはある車種の登場からだと、都内にある日産系販売店の営業担当者はいいます。

「2019年4月頃に、トヨタ新型『RAV4』の登場がメディアで報じられたあたりから、動きが鈍くなってきた感じがあります。エクストレイルは発売から6年目となるいまも、高級感のある落ち着いたデザインと優れたオン・オフ性能で、販売は順調でした。

 日産の全車種のなかでも、『ノート』『セレナ』とともに、エクストレイルは常に好調だったのですが、新型RAV4という選択肢が増えたことで、ユーザーの目がトヨタに移ってしまったことは否めないと思います」

 実際、登録台数データを見ると、2019年4月から徐々に台数を減らして、7月のランキングではフォレスターよりも下になっています。

 一方、発売以来順調に販売台数を伸ばし、ヒット作となった新型RAV4。人気の要因は、アメリカ市場優先を前面に押し出したラギッドなデザインと、オフロード色を強めた性能やイメージといわれています。

 新型RAVが人気の理由について、首都圏にあるSUV専門店の関係者は次のように語ります。

「新型RAV4のイメージというのは、かつてエクストレイルが捨ててしまったオフロード色なのです。アメリカでもそうですが、日本でもSUVにタフなイメージを求める人は少なくありません。

 とくにアウトドアレジャーがブームの昨今、SUVはライフスタイルを演出するアイテムとして考えているユーザーが多く、スズキ『ジムニー』が大ヒットしたのも、そういった理由があると思います。

 現在のSUVのトレンドを考えると、現行エクストレイルは急激にイメージが古くなってしまったのではないでしょうか」

不動の1位「エクストレイル」がなぜ苦戦? 復活の「RAV4」と画像で比較!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 技術の日産と言われていたのは遠い昔の話。今でもそれを言い続けているのが間違いの基。
    もっと世の中を見て行かないとますます置いて行かれる。

  2. 技術の日産と言われていたのは遠い昔の話。今でもそれを言い続けているのが間違いの基。
    もっと世の中を見て行かないとますます置いて行かれる。