ミドルサイズのミニバン買うならどっち? 永遠のライバル ホンダ・ステップワゴン VS トヨタ・ヴォクシー

ミニバンのなかでも販売台数上位を争う人気車種なのがホンダ「ステップワゴン」とトヨタ「ヴォクシー」。そんな2車種を、価格や機能、サイズといったさまざまな面から比較します。

ステップワゴンvsヴォクシー、いま勢いがあるのはどっち?

 ホンダ「ステップワゴン」とトヨタ「ヴォクシー」は、ミニバンのなかでも販売台数上位を争う人気の車種です。

トヨタ・ヴォクシーとホンダ・ステップワゴン
トヨタ・ヴォクシーとホンダ・ステップワゴン

 1996年に初代が発売されたステップワゴンは、当時後輪駆動(FR)のキャブオーバー型(エンジンの上に運転席がある構造)のミニバンが一般的だったなか、前輪駆動(FF)のボンネット型(エンジンの上に運転席がない構造)のミニバンとして発売しました。

 低価格でシンプルなスタイル、FRにはない床の低さなどから、ステップワゴンは発売後人気のモデルとなります。2003年には、ステップワゴンの派生シリーズとしてスパーダが登場し、2017年に国内累計販売台数が150万台を突破しました。

 ヴォクシーは、2001年に「ライトエースノア」の後継車として発売されたクルマです。姉妹車としては、トヨタ「ノア」、トヨタ「エスクァイア」があります。ヴォクシーは発売以降、順調に販売台数を伸ばしていき、トヨタのミニバン3姉妹として、2018年は累計で18万台を販売しました。

 人気があるステップワゴンとヴォクシーですが、近年の新車販売台数では大きく差が出ています。2018年の台数では、ステップワゴンが5万6872台であるのに対し、ヴォクシーは9万759台と、ステップワゴンに比べて約4万台も多く販売されました。

 2019年上半期の新車販売台数を見ても、ヴォクシーはステップワゴンに1万台以上の差をつけ、新車販売台数(軽除く)でトップ10に入るほどの勢いがあります。

燃費の良さではステップワゴンに軍配

 ステップワゴンはガソリンモデルがJC08モードで17.0km/L、ハイブリッドモデルが25.0km/Lとなっています。一方、ヴォクシーはガソリンモデルが16.0km/L(2WD車)、ハイブリッドモデルが23.8km/Lです。燃費で比較すると、ガソリンモデル、ハイブリッドモデルともにステップワゴンが優れています。

 ハイブリッドシステムでは、ヴォクシーに比べてステップワゴンの方が上手を行っています。走行状況に応じて3つのモードから選択できるという部分は、両車共通していますが、性能面ではステップワゴンに搭載されている「SPORT HYBRID i-MMD」が優秀といえます。

 ヴォクシーが、エンジン最大出力99馬力/最大トルク142Nm、モーター最大出力82馬力/最大トルク207Nmなのに対し、ステップワゴンは、エンジン最大出力145馬力/最大トルク175Nm、モーター最大出力184馬力/最大トルク315Nmと、パワーと速さで圧倒的な差を見せつけました。

 また、「SPORT HYBRID i-MMD」は2モーターのハイブリッドシステムなので、ほかのハイブリッドシステムに比べて静音性が高いというポイントもあります。

サイズ・室内空間の広さは、ほぼ互角

 ボディサイズは、ステップワゴンが全長4760mm×全幅1695mm×全高1840mm(一部ガソリンモデルを除く)、ヴォクシーが全長4710mm×全幅1735mm×全高1825mm(一部ハイブリッドモデル、ガソリンモデル除く)です。ボディサイズは両車とも大きな差はありませんでした。

 ちなみに最小回転半径は、ステップワゴンが5.4m、ヴォクシーが5.5mとなっており、ステップワゴンの方が狭い道などでの小回りがしやすくなっています。

 室内空間は、ステップワゴンが室内長3220mm×室内幅1500mm×室内高1405mm、ヴォクシーが室内長2930mm×室内幅1540mm×室内高1400mmです。

 室内幅と室内高は大きな差はないものの、室内長はヴォクシーよりもステップワゴンの方が200mm以上長くなっています。どちらの車種も座席の快適性を考えられて作られていますが、室内長が長いステップワゴンの方が、座席間のゆとりがあるといえるでしょう。

ヴォクシーとステップワゴンは何が違う? 細かな部分を画像で比較(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. あからさまな贔屓。見てて気分が悪くなる。

  2. 先日新車ステップワゴンスパーダ4WDを購入しました。
    ヴォクシーと迷い試乗をどちらもしましたが、デザインはどちらも良く好みで分かれるでしょう。ところが運転するとやはりパイオニアのステップワゴンは完成度が高くコーナーもロールを抑え安定感がありトルクもありセダンのように走ります。内装の作り込みや細かい配慮が良く、さらに決め手はワクワクゲートの使いやすさでした。相対的に走り、使いやすさ、デザイン、内装の良さと開放感、ホンダセンシングとオプション含め少々高いですが、先駆者に軍配がありました。ハイブリッドは剛性がまだかな?より返しが嫌でした。日本において電磁波対策がなされないようなのでやめました。
    実際高速道路ではホンダセンシングは便利です。特に現行モデルは黒が合いベンツのような顔立ちで落ち着いた高級感があります。白と黒と並べるとハッキリします。ブラックパールはブラウンに見えるヴォクシーと同じです。
    若い人はヴォクシーの煌めきかな?大人ぽいのはステップワゴンかなと言う感じでした。

  3. 先日新車ステップワゴンスパーダ4WDを購入しました。
    ヴォクシーと迷い試乗をどちらもしましたが、デザインはどちらも良く好みで分かれるでしょう。ところが運転するとやはりパイオニアのステップワゴンは完成度が高くコーナーもロールを抑え安定感がありトルクもありセダンのように走ります。内装の作り込みや細かい配慮が良く、さらに決め手はワクワクゲートの使いやすさでした。相対的に走り、使いやすさ、デザイン、内装の良さと開放感、ホンダセンシングとオプション含め少々高いですが、先駆者に軍配がありました。ハイブリッドは剛性がまだかな?より返しが嫌でした。日本において電磁波対策がなされないようなのでやめました。
    実際高速道路ではホンダセンシングは便利です。特に現行モデルは黒が合いベンツのような顔立ちで落ち着いた高級感があります。白と黒と並べるとハッキリします。ブラックパールはブラウンに見えるヴォクシーと同じです。
    若い人はヴォクシーの煌めきかな?大人ぽいのはステップワゴンかなと言う感じでした。どちらも良く使い方の違いがあるのでカッコイイヴォクシーも良かったです。