三菱新型「eK」の安全性は国内トップレベル? 激化する軽市場で売れる要素アリ!

2019年3月28日に発表・発売した三菱の新型軽自動車「eKワゴン」と「eKクロス」。フェイスデザインで注目された「デリカD:5」にそっくりな「eKクロス」に話題が集まりますが、2モデルとも国内トップレベルの安全性を誇るクルマだったのです。

国産自動車のなかでもトップレベルの安全性

 約6年振りとなる三菱の軽自動車「eKワゴン」がフルモデルチェンジ。従来モデルでは、「ワゴン」「カスタム」「スペース」「スペース カスタム」と4車種存在していましたが、今回は「eKワゴン」と「eKクロス」の2車種です。

三菱の新型軽自動車「eKクロス(左)」「eKワゴン(右)」

 根強い人気が続いている軽自動車市場において、なぜホンダ「N-BOX」がベストセラーカーになったかといえば、軽ハイトワゴンのダイハツ「タント」やスズキ「スペーシア」に代表される競合車より乗員の安全を重視しているためだと思います。

 ホンダの場合、普通車に乗る人も軽自動車に乗る人も命の大切さは同じだと考えており、安全装備に差を付けていません。サイドカーテンエアバッグを例にとると、ホンダ「N-BOX」は上級グレードには標準装備(他はオプション)ですが、ダイハツ「タント」は最上級のみにオプション装着可能。スズキ「スペーシア」は設定が無く、スペーシア カスタムの上級グレードに標準装備といった具合です。

 ダイハツやスズキに聞くと「安全装備を付けても高くなったらお客さんが納得しないためです」。確かにそういった客層はいると思いますが、N-BOXの売れ行き見ると、やはり安全性の高いクルマを選びたいというニーズが多いといえます。

 その観点から見ると、三菱の新型「eKワゴン」と「eKクロス」は、N-BOXに勝るとも劣らないのです。

 装備を見て驚きます。衝突被害軽減ブレーキは、軽自動車のなかでトップというレベルじゃなく、普通車まで含めたって優秀。

 追突事故を防ぐため『停止している車両に50km/hからノーブレーキで接近しても停止』できるのは当たり前で、遮蔽物の陰から出てくる歩行者に対して車速45km/hからでも停止可能な実力を持つほか、夜間の歩行者にも検知します。

 事故に遭遇した時に作動するサイド&カーテンエアバッグは全グレードに標準装備。側面から衝突された時や横滑りして電柱に衝突した時など(26km/hで衝突しても生命の危険がある)、サイド&カーテンエアバッグあれば安全性は飛躍的に高まるのです。軽自動車を買うというなら、ためらわずに新型eKワゴン&eKクロスをおすすめします。

安全性高く!車内も広い!使い勝手が良さそうな「eKワゴン」「eKクロス」の画像を見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント