メルセデス-AMG「GT 4ドアクーペ」を発表 レース技術で開発された新たな4ドアスポーツカー

メルセデス-AMG社の独自開発による新たな4ドアスポーツカー「GT 4ドアクーペ」が発表。0-100km/h加速3.2秒、最高速度315km/hというハイパフォーマンスながら、5名乗車と大容量な荷室を備え、官能的なスタイリングに仕上げられています。

メルセデス-AMG独自開発の4ドアスポーツカー

 2019年2月14日、メルセデス・ベンツはメルセデス-AMG「GT 4ドアクーペ」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて本日より注文受付を開始します。なお、納車は5月以降の予定になっています。

「AMG GT」から派生した4ドアモデル「GT 4ドアクーペ」

 メルセデス-AMG「GT 4ドアクーペ」は、メルセデス-AMG社の独自開発による新たな4ドアスポーツカーです。

 メルセデス-AMGのアイデンティティである、究極のハイパフォーマンスを持ちながら、官能的なデザインと広い室内空間および4ドアの利便性を兼ね備えており、パフォーマンスやデザイン性を求めながらも、日常生活での使い勝手にも妥協をすることができないユーザーの要望に応えるモデルとなっています。

 新たにメルセデス-AMGのラインナップに加わった「GT 4ドアクーペ」のシャシは、開発にモータースポーツの分析およびシミュレーションの手法が採用され、最大のパフォーマンスを確保すべく、適切な箇所に補強を実施しています。

 サスペンションは「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」と「メルセデスAMG GT 53 4MATIC+(ISG搭載モデル)」がマルチチャンバーを備えた「AMG RIDE CONTROL+ エアサスペンション」を標準装備しています。

 コーナリング時やブレーキング時には、 硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現。さらに、走行状況に合わせて四輪それぞれを電子制御する連続可変ダンピングシステムを採用しています。

 エンジンについては「GT 63 S」に4リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載されます。最高出力639馬力、最大トルク900Nmを2500から4500回転の広い範囲で発揮し、0-100km/h加速3.2秒、最高速度315km/hを実現しています。

「GT 43」と「GT 53」には、3リッター直列6気筒エンジン「M256」と「インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(以下ISG)」が搭載されます。ISGはエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力21馬力 、最大トルク250Nmを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねています。

 電動スーパーチャージャーとISGによる動力補助および排気ターボチャージャーとの組み合わせで、「GT 43」は最高出力367馬力、最大トルク500Nm、「GT 53」は最高出力435馬力、最大トルク520Nmを発揮します。

 組み合わされるトランスミッションはダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した
電子制御式9速トランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。

 通常のオートマティック・トランスミッションに見られる損失を低減し、軽量化も相まって燃費の大幅な向上とレスポンス向上に貢献しています。

メルセデス-AMGのスーパーセダン「GT 4ドアクーペ」を画像でチェック(14枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事