• くるまのニュース
  • ライフ
  • やっぱり日本の技術は凄い! ロータリーや直噴、HVなど量産車世界初の技術が搭載された日本車5選

やっぱり日本の技術は凄い! ロータリーや直噴、HVなど量産車世界初の技術が搭載された日本車5選

近年の自動車技術の進歩は目覚ましく、ハイブリッドや電気自動車が実用化されたり、自動ブレーキに代表される先進安全装備などが一気に普及しました。こうした新技術は、初めて搭載された車種が必ず存在します。そこで、量産車で世界初となる技術が搭載された日本車5車種を厳選して紹介します。

量産車で世界初となる技術が採用された日本車5選

 ドイツ人技師カール・ベンツがガソリンエンジン付きの自動車を発明したのが1886年、いまから133年前のことです。

 そこから自動車の技術は飛躍的に進歩し、爆発的に生産台数も増え、現在に至ります。

発売当初のキャッチコピーは「21世紀に間に合いました」だった「プリウス」

 とくに、2000年以降の20年間は自動車技術の進歩は目覚ましく、ハイブリッドや電気自動車が実用化されたり、自動ブレーキに代表される先進安全装備などが一気に普及しました。

 こうした新技術は、必ず初めて搭載された車種が存在します。そこで、量産車で世界初となる技術が搭載された日本車5車種を厳選して紹介します。

●ユーノス「コスモ」GPSカーナビ

「コスモ」に搭載されたGPSカーナビ

 いまでは純正、社外、さらにスマートフォンのアプリで、当たり前のように普及しているGPSを利用したカーナビですが、もともとはアメリカの軍事用のものを民生に転用したものでした。

 複数の人工衛星からの電波を受信して、自車位置を測位し、地図上に表示するという仕組みになります。

 1990年にマツダから発売されたフラッグシップクーペ、ユーノス「コスモ」が世界で初めて、このGPSカーナビを車載しました。

 当時はバブルの絶頂期ということもあり、最上級グレードでは車両価格も530万円し、これも世界初の3ローター・ロータリーターボエンジンも搭載していました。

 なお、カーナビは3ローターエンジン搭載車に標準装備となっていました。

 いまも語り草になるほどの極悪な燃費や、バブル崩壊、マツダの収益悪化という背景もあって、わずか4年で生産終了になってしまいますが、平成の名車であることは間違いないでしょう。

プリウスやコスモなど量産世界初の技術が実装されたクルマを画像でチェック(22枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事