凱旋レース!日産チームが東京を爆走!? 「フォーミュラe」ついに開幕! EVのパイオニアが「極限のEV最前線」で戦い続ける理由とは

モーターだけで走るフォーミュラマシンで世界最強を競う「フォーミュラe」で、日本では唯一のメーカーチームである日産が戦っています。東京大会が開幕を迎え、あらためて「戦い続ける理由」を聞くことができました。

世界最高峰のレースでEVの限界突破を図る

 自動車レースの最高峰にそびえ立つのは「フォーミュラ1」(以下、F1)ですが、モーターだけで走るフォーミュラマシンで世界最強を競う「フォーミュラe」の知名度もますます高まっています。
 
 ついに日本上陸し、国内初の本格的な「市街地レース」までも実現させたフォーミュラeですが、そこで日本メーカーのチームが戦いを挑んでいます。「ニッサンフォーミュラEチーム」です。

ニッサンフォーミュラEチームのマシン(画像:日産自動車)。
ニッサンフォーミュラEチームのマシン(画像:日産自動車)。

 フォーミュラeは、今シーズンで10シーズン目。F1との一番の違いは、バッテリーや、シャシー、ボディ、フロントサスペンションなどが「全チーム同じ」ということ。

 チームが「最速」を賭けてしのぎを削るのは、パワートレイン(モーターやギアなど動力部分)で以下にエネルギーを効率的に強力に速さへ変えられるのか、あるいは回生エネルギーを効率的に活用できるのかということです。あるいは空力パーツも勝負への大きなファクターとなってきます。

 そのワンメイクのフォーミュラeマシンは進化を続け、今年からは「第3世代」つまり3代目が投入されました。

 パワートレインの最大出力はリア350kW・フロント250kWの計600kWで、470馬力を発揮します。EVの強みである電力効率も強化され、レース中に使われるエネルギーのうち「半分が回生エネルギー」という恐ろしいエコっぷりです。

 それでいて重量は、市販EVよりもずっと軽い760kg。しかし最高時速は322km/hを超え、0-100km/h加速はわずか2.5秒。スーパーカーどころか、F1マシンにもひけをとらないスペックへ成長しています。

 日産は、そんな最先端の「EV技術戦争」へ殴りこみをかけて、はや6年目。16回の表彰台と2勝を積み上げ、今年は第3世代マシンでさらに飛躍を目指します。3月28日には、2030年まで長期参戦を行うとの発表もありました。

 なぜそこまでフォーミュラeへの気合が入っているのでしょうか。今回の東京大会の現場であり、まさにマシンが組み上げられるガレージで、その理由が説明されました。

「日産はリーフの開発をはじめ、電動化技術のエキスパートとなってきました。そこで培った技術をレースのパフォーマンスに活かし、EVのエキサイティングさを人々に伝えたいと思っています。

 もちろん、レースで得た知見を市販車へフィードバックする期待もあります。エネルギーをマネジメントするソフトウェアや回生システムなど、EVの各技術のイノベーションの拠点として、レース部門は大きな可能性を持っています」

 市販車との「二人三脚」を象徴するのが、バッテリー充電のソケットが、日産「アリア」と同じものを採用していること。限界突破を期すことでしか勝利をつかめない「極限の最前線」が、市販車をさらに進化させる場にもなっていることが、日産の強みだといいます。

 ガレージで組み立てられているマシンは、特別カラーリングのカウルや空力パーツである「東京バージョン」。もともとのデザインも、赤を基調に、桜の花枝を後部のパワートレインカバーにまとった「日本らしさ」を前面に出したマシンですが、今回はさらに、フロントノーズやフロントウィングを白地に「WEラブ東京」というロゴを冠したデザインとなっています。

 日産のマシンで「凱旋レース」に挑むのは、サッシャ・フェネストラズ(フランス)とオリバー・ローランド(イギリス)の2選手。サッシャ選手は日本でもおなじみで、2019年に全日本F3のチャンピオンに輝いたほか、SUPER GTにも複数年参戦。2022年にはスーパーフォーミュラでもランキング2位を獲得しています。オリバー選手は2017年にF2でシャルル・ルクレール選手(現:F1・フェラーリ)らに次ぐランキング3位となったあと、フォーミュラeにステップアップしています。

 記者会見でサッシャ・フェネストラズ選手は「東京で戦うのはやっぱり特別な思いがある。鈴鹿や富士でも楽しかったし、今回のホームレースでも、予選からいい位置につけて、決勝でも最良の結果としたい」と思いを語っていました。

【画像】超カッコいい!? これが「日本代表マシン」日産チームの「e-4ORCE 04」を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー