新型「超高級ミニバン」発表!? 4人乗り&間仕切り採用の“最上級仕様”登場! 2000万円超えの「009」 ライバルはレクサス「LM」か、中国で公開

ジーカー「009」にさらなる上級グレードが投入されることがわかりました。いったいどのようなクルマなのでしょうか。

高級ミニバン「ジーカー009」に4人乗り最上級モデル登場間近か

 ジーカー「009」に新たなモデルが投入されることが判明しました。
 
 いったいどのようなクルマなのでしょうか。

ここにきて発売間近となっている009 光輝(画像元:中華人民共和国工業情報化部/通称:工信部)
ここにきて発売間近となっている009 光輝(画像元:中華人民共和国工業情報化部/通称:工信部)

 ジーカーはジーリーが2021年より展開している純電動ブランドです。

 ジーリーは中国の自動車メーカーではありますが、参加にはボルボやロータスなどの名だたる欧州ブランドを収めており、今や世界的な自動車メーカーとしても認知されています。

 ジーリーは李書福氏によって立ち上げられました。

 1993年には倒産した国営の二輪車製造工場を買収、長らく夢だった自動車産業への参入の足がかりとします。

 当時の中国では自動車製造への新規参入が困難でしたが、それでも諦めきれなかった李氏は1998年8月に初の量産モデル「豪情」を完成させます。

 当初は法律の穴を突いた生産方法でしたが、2001年には晴れて正式な自動車メーカーとして政府より認可を受けて以来、中国メーカーの中でもトップクラスの速度で成長を歩んでいます。

 2016年には傘下のボルボと共同で若者向けブランド「リンク・アンド・コー」を立ち上げました。

 そして、その姉妹ブランド的立ち位置にあたる純電動ブランド「ジーカー」が2021年に誕生。

 ジーカーは現在、シューティングブレークの「001」、セダン「007」、ミニバン「009」、そしてコンパクトSUV「X」の4車種をラインナップに揃えています。

 初のモデルである「001」は京都に本拠地を置く「ニデック(旧・日本電産)」が開発、モーター、インバータ、ギアを一体化した小型ユニット「E-Axle」を搭載します。

 また、ヤマハが専用でチューニングを施したサウンドシステムの採用に加え、曙ブレーキ工業製4ポットフロントキャリパーのオプション設定など、何かと日本企業との繋がりが多い中国車となっています。

 その「001」に続いてリリースされたのが純電動ミニバンの「009」です。

 ジーカー 009は2022年8月に発表されましたが、直後からそのフロントマスク中央に鎮座する奇抜なグリルが大きな注目を呼び、中国内外で話題となりました。

 ジーカー 009は全長5209 mm x 全幅2024 mm x 全高1848 mm、ホイールベースが3205 mmと、余裕のあるボディを持ちます。

 それゆえに3列・6人乗りであっても室内空間は窮屈さとは無縁です。

 特に2列目は独立したキャプテンシートを採用するほか、天井には15.6インチディスプレイを搭載、充実したインフォテインメント機能を提供します。

 パワートレインは前後それぞれに出力268 hp(200 kW)のモータを搭載、四輪駆動で合計出力536 hp(400 kW)を誇ります。

 これだけの大きいボディをストレスなく移動させるにはそれ相応のバッテリーも必要です。

 通常モデルでは容量116 kWhの三元系リチウムイオン電池を搭載、航続距離(CLTC方式)は702 kmを誇ります。また、上位モデルではCATLの新世代「麒麟」バッテリーを搭載、容量140 kWhで一充電822 kmを走る仕様です。

 そんな中、ジーカー009にさらなる上級グレードが投入されることがわかりました。

 この情報が判明したのは中華人民共和国工業情報化部(通称:工信部)の公式サイトです。

 工信部は日本でいうところの経済産業省や総務省の業務を扱う機関となり、中国では自動車メーカーが中国国内で製造する新型モデルを正式発表する前に、その情報を工信部に届け出る必要があります。

 明らかとなったのは「009 光輝」です。このモデル最大の特徴はこれまでの009とは異なり、2列シート・4人乗りの最上級モデルとなります。

 エクステリアにおいては、特徴的な鏡面仕上げのグリルがボディ同色へと刷新され、プレミアムBEVにふさわしい落ち着いた印象へと変貌を遂げました。

 また、ホイールはこれまで切子細工のようなデザインでしたが、009 光輝では中央のディスク部分が広く取られたものを採用しています。それ以外は基本的に通常の009と同一となります。

 工信部に届け出られた情報によると、ボディサイズは全長5217 mm x 全幅2024 mm x 全高1812 mmとなります。これは通常モデルよりも8 mm長く、36 mm低い数値です。

 公表されている画像からは内装の様子も一部確認することができます。

 1列目と2列目の間にはパーティションが設けられ、大型ディスプレイやフットレストなどが備え付けられています。

 要人を送迎する高級ミニバンではプライバシー性を確保するパーティションがマストであり、ジーカー009もこれの搭載をもってついに「真の高級ミニバン」に近づいた印象です。

 また、乗車定員は4人乗りと記載されていることから、2列目シートに座る乗員はこれまで以上に広々とした車内空間を体感できることでしょう。

 また、パワートレインも刷新されています。通常の009の最大出力は536 hp(400 kW)でしたが、009 光輝では前に362 hp(270 kW)、後ろに415 hp(310 kW)のモーターを搭載、合計最大出力777 hp(580 kW)を誇ります。

 搭載バッテリーの詳細は不明なものの、009の上位グレードは前述の通り容量140 kWhの「麒麟」バッテリーを搭載しており、009 光輝も同様のものを搭載する可能性はあります。

 ここにきて発売間近となっている009 光輝ですが、ライバルとして見据えているのはレクサスが販売する高級ミニバン「LM」でしょう。

 2023年8月に2代目モデルが発売されたレクサス LMも最上位グレードに4人乗りモデルを設定しており、中国では155万元(邦貨換算:約3226万円)で販売されています。

 これはあくまでメーカー希望販売価格なため、実際の客が購入する際はより多くの金額を支払う必要があります。

 ジーカー009は現在、バッテリー容量の異なる2つのグレードがそれぞれ50万元(約1040.6万円)と58.80万元(約1223.7万円)で販売されています。

 新たに投入される009 光輝の販売価格は明らかとなっていませんが、本気でレクサス LMに対して勝負するのであれば、それよりも安い価格で仕掛けてくるでしょう。

 中国メーカーはここ数年、相次いで100万元(約2000万円)クラスの高級モデルを相次いで投入する傾向にあります。

 筆者は009 光輝の価格は間違いなく100万元を超え、120万元から130万元ぐらいの価格帯に入るのではないかと予想します。

 中国ではここ数年、さまざまなメーカーがミニバン車種を相次いで投入しています。

 過熱の一途をたどる中国ミニバン市場の中でもジーカー009はほかと一線を画す存在として認識されており、この新たな最上級モデルも注目を浴びることでしょう。

【画像】「えっ…!」アルファードよりデカい!「超高級ミニバン」の画像を見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー