レクサス新型「カクカク高級SUV」初公開! 3.5リッターV6&本格4WD採用! 全長5m級の「GX」加に登場

2024年1月18日、レクサスのカナダ法人は、モントリオール国際オートショーで新型「GX」を同市場で初公開しました。どのようなクルマなのでしょうか。

レクサス新型「GX」初披露

 2024年1月18日に開幕したモントリオール国際オートショーで、レクサスの新型「GX」がカナダ初披露となりました。

カクカクボディがカッコイイ! レクサス新型「GX」
カクカクボディがカッコイイ! レクサス新型「GX」

 トヨタ「ランドクルーザープラド」のレクサス版として2002年に北米でデビューしたGXは、伝統的なボディオンフレーム構造を採用する本格オフローダーです。

 悪路走破性とラグジュアリー性を高次元で両立しており、これまで約30の国と地域で累計約54万台(2023年3月末)が販売され、日本にも2024年内に初導入されることが決定しています。

 3代目となる新型GXの開発コンセプトは「ザ・プレミアム・オフローダー」です。2002年のデビュー以来、初めてプラットフォームを刷新。

 フラッグシップSUV「LX」と同じ新GA-Fプラットフォームに、3.5リッターV6ツインターボまたは2.4リットル直4ターボハイブリッドを搭載します。

 ボディサイズ(プロトタイプ)は全長4950mm×全幅1980mm×全高1865mm、ホイールベースは2850mm。悪路走破性を一段と向上しながら、最先端のコネクティビティ技術や安全技術によって、レクサスならではの革新性を打ち出しています。

 エクステリアはフロントピラーを従来型に比べて後方に引きつつ立てたことに加え、高く構えたフードシルエットなどスクエアなシルエットがオフローダーとしての力強い印象を与えています。

 インテリアは、オフロード走行時の全方位における視認性などに配慮しつつ、使い勝手に優れた機能を多く備え、上質な雰囲気となっています。

 また、レクサスが2023年から推進している「OVERTRAIL PROJECT」を具現化するモデルとして、アウトドア仕様のOVERTRAIL仕様を新たに設定。より厳しい環境下で求められる機能やデザインを備えているのが特徴です。

 新型GXは中国で1月13日に販売が始まりました。中国での価格は77万8000元~88万8000元(約1615万円~1845万円)です。2024年前半に発売予定のアメリカでの価格は6万4250ドル~8万1250ドル(約950万円~1200万円)となっています。

【画像】超カッコいい! レクサス新型「カクカク高級SUV」を画像で見る(50枚以上)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー