いすゞの新型「ド迫力SUV」初公開! 復活の新型「X-RIDER」! ブラック感高め&赤い「ISUZU」ロゴがカッコイイ「D-MAX」南アに登場へ

2023年11月29日、いすゞの南アフリカ法人は、小型ピックアップトラック「D-MAX」の新たな特別仕様「X-RIDER」を初披露しました。どのようなモデルなのでしょうか。

いすゞが人気の「X-RIDER」を復活

 2023年11月29日、いすゞの南アフリカ法人は、小型ピックアップトラック「D-MAX」の新たな特別仕様「X-RIDER」を初披露しました。

黒感がカッコイイ! いすゞ新型「D-MAX X-RIDER」
黒感がカッコイイ! いすゞ新型「D-MAX X-RIDER」

 D-MAXはいすゞの世界販売のうち4割以上を占める主力車種で、100か国以上の国と地域で販売されています。

 南アフリカはそのうちのひとつ。生産も行っており、 サブサハラ地域への供給拠点となっています。

 今回発表されたX-RIDERは、旧型にラインナップされていた人気グレードの復活です。2016年に特別限定車として発売され、想定以上に人気を博したことから1年後、レギュラーグレードになりました。

 新しいD-MAX X-RIDERは、ダブルキャブの上級グレードであるLS(全長5265mm×全幅1870mm×全高1805mm)をベースに、精悍でスポーティな雰囲気を強めているのが特徴です。

 具体的にはフロントグリル、ドアハンドル、Bピラー、ドアミラーカバー、テールゲートハンドル、ロールバーなどを光沢のある黒色に統一することで、ボディ全体が引き締まった印象となっています。

 また、フロントグリル上部のISUZUエンブレムを銀色から赤色に変更したほか、タイヤサイズを1インチアップ、ホイールをダイヤモンドカットタイプにすることで、高級感と特別感を演出しています。

 インテリアは黒基調とし、ダッシュボードに配した赤い装飾パネル、レザーシートの赤いコントラストステッチ、ヘッドレストに刺繍された赤いXロゴ、フロアマットの赤いX-RIDERロゴなどが専用アイテムとなっています。

 走りに関するメカニズムはベース車と同じ。エンジンは、最高出力110kW、最大トルク350Nmを発生する1.9リットル4気筒ターボディーゼル。2WDモデルは6速MTと6速AT、4WDモデルは6速ATのみの計3バリエーション展開となっています。

 価格は近日発表予定です。参考までにベース車のダブルキャブLSは58万5100ランド(約458万円)からとなっています。

【画像】めちゃカッコイイ! いすゞ新型「X-RIDER」を画像で見る(30枚以上)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. なんでいすゞはこのクルマを日本で売る気ないのか不思議です。
    いすゞ好きかつ雪国住みのおいらなら、真っ先に購入候補に上がるのに

  2. ハイラックスよりカッコいい♪
    しかし、いすゞはもう乗用車の販売チャンネルが無いんですよね…ジェミニとかピアッツァとか117とか(笑)名車は沢山あるのに。F1エンジンだって作ってるし
    もったいない…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー