1000万円級の超個性派スーパーカー 光岡「オロチ」に本並健治も興奮! 激レア車の特徴とは?

光岡自動車が製作した“ファッションスーパーカー”の「オロチ」が、TBS系の朝の番組「ラヴィット!」で紹介されました。迫力あるデザインが特徴ですが、どんなクルマなのでしょうか。

搭載される3.3リッターV6エンジンは233馬力

 TBS系の朝の番組「ラヴィット!」(月~金曜午前8時)の2022年3月28日放送回で、光岡自動車の「オロチ」が紹介されました。

 国産スーパーカーとなるオロチは、どのようなクルマなのでしょうか。

光岡「オロチ」
光岡「オロチ」

 オロチは、同番組の過去2021年10月4日放送回に登場。

 賞レースで優勝したお笑いコンビ「空気階段」に、賞金1000万円の使い道を提案するコーナーで、レギュラー出演する元サッカー日本代表の本並健治さんがオロチをプレゼン。

 放送回ではオロチを紹介するはずの本並さんでしたが、実車を見て大興奮する姿を見せていました。

 そんななか今回の放送では、番組1周年を記念した名場面を振り返るコーナー内で、本並さんが“オロチ回”を紹介しました。

 限定車として登場したオロチは、ワイド&ローなボディと、大蛇(オロチ)がイメージされたデザイン、そしてスーパーカーを扱いなれていない人でも安心できる、普段使いしやすいエンジンスペックが特徴で「ファッションスーパーカー」とも呼ばれました。

 ボディサイズは全長4560mm×全幅2035mm×全高1180mmと、幅の広さと背の低さが際立ったプロポーションです。

 ここに、光岡のデザイナー 青木孝憲氏による、有機的な曲線を描くボディシルエットや、蛇のうろこを思わせる穴の空いたボンネットなどが特徴的な、迫力ある外装が組み合わされました。

 デザイン重視のため、ヘッドライトには、蛇の目をイメージした黒い1本の筋が入れられているほどです。

 エンジンは、最高出力233馬力のトヨタ製3.3リッターV型6気筒エンジンがリアミッドシップに搭載されており、組み合わされるトランスミッションは5速ATです。

 スペック的には平凡で、多くの人が持て余してしまうような超ド級の走行性能が無くとも、オロチはその迫力ある見た目だけで多くの注目を集めつづけ、専用パーツでドレスアップされた「大蛇・兜(オロチ・カブト)」や「オロチ・ゴールドプレミアム」などの限定車が発売されるたびに、話題となりました。

 オロチの生産は、2014年に発売された5台限定の特別仕様車「ファイナル オロチ」をもって終了しましたが、その後も光岡が所有するデモカーや中古車をベースとした、有名アニメ作品とのコラボレーションによる限定車「エヴァンゲリオン オロチ」「デビルマン オロチ」の製作・販売をおこなうなど、ニュースの絶えないクルマとして話題になりました。

※ ※ ※

「ラヴィット!」で紹介されたオロチは、走行距離が2300kmの車両。2021年10月の放送当時は1049万9000円でしたが、この約半年で1159万9000円と、110万円も高騰しました。

 このコーナー内では、本並さんとお笑いコンビ「ニューヨーク」の2人がオロチを購入するかの札をあげる一幕も見られました。

光岡・オロチ の中古車をさがす

光岡・オロチ のカタログ情報を見る

【画像】本並健治さんがプレゼンした激レアスーパーカー 光岡「オロチ」の姿とは? 画像で見る(16枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 中古屋に3台ならんでるんですが…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー