1000馬力超の新型ハイパーカー「STI E-RA」世界初公開! スバルのスゴいハイパーEVにSNSで反響はいかに

東京オートサロン2022にてスバル「STI E-RA CONCEPT」が世界初公開しました。システム最高出力1000馬力超えのハイパーマシンに対してSNSではどのような反響が出ているのでしょうか。

1000馬力超えの「STI E-RA CONCEPT」、スバルの本気がスゴい

 2022年1月14日、スバルのモータースポーツ部門を統括するスバルテクニカインターナショナル(STI)は、「STI E-RA CONCEPT」(E-RA)を東京オートサロン2022にて世界初公開しました。
 
 システム最高出力1000馬力超えのハイパーマシンに対してSNSではどのような反響が出ているのでしょうか。

こりゃすげぇ! 1000馬力超えのスバル新型「STI E-RA コンセプト」
こりゃすげぇ! 1000馬力超えのスバル新型「STI E-RA コンセプト」

 STIは、カーボンニュートラル時代におけるモータースポーツで新しい技術の経験と修練を積むことを目的とし、STI近未来モータースポーツスタディプロジェクト「STI E-RA CHALLENGE PROJECT」を立ち上げました。

 そのプロジェクトとしてE-RAを開発。STIのDNAである「記録への挑戦」の意味を込めて「Electric-Record-Attempt(E-RA)」と命名しています。

 開発コンセプトは「走りの愉しさ」「絶対的な安心感」といったスバルの強みを活かすために「全輪制御技術」の知見を活用しています。

 モーターはヤマハ発動機が供給するハイパーEV向けギア、インバーター一体式の高回転高出力タイプを採用しシステム最高出力800kW(1088馬力)という高出力を発揮。蓄電量60kWhのリチウムイオンバッテリーで駆動します。

 さらに、新たに独自採用する4モーター4輪トルクベクタリング技術で制御するなど、さまざまな技術が用いられています。

 このトルクベクタリングシステムは、4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化させグリップレベルを最大限に引き上げるほか、車体の姿勢を安定させることで、「走りの愉しさ」を最重要課題としたドライバー志向の制御となっているようです。

 このようにスバル&STIが培ってきた技術の結晶ともいえるE-RAに対してSNSなどではどのような反響が出ているのでしょうか。

 デザインでは、「スバルのSTI E-RA CONCEPTカッコいい」「スバルのEVカッコ良いなぁ」「このままコンセプトのまま終わらすには勿体ない格好良さだった。」「マクラーレンの新車かと思った」など好評なようです。

 また、ハイパーマシンともいえるスペックに対して「電気(EV)カーです。速そうなオーラが漂ってました」「スバルの本気度がめっちゃ伝わってくる一台だった」「見た目もすごいけど、なんと完全EVで1088馬力だそうな。すご!!」とそのスペックの高さに驚きを隠せないユーザーが多く見受けられました。

※ ※ ※

 今回、お披露目されたE-RAは、2022年に国内サーキットを含む走行実験を重ねていくといい、SNSでも「テスト走行の様子を見たい」という声が出ています。

 そして、2023年以降には世界屈指の難関サーキットといえるニュルブルクリンク(ドイツ)でのタイムアタックを予定しており、ラップタイム400秒(6分40秒)に挑戦することを宣言していました。

【画像】スバル爆速仕様! 1000馬力超のスバル新型「STI E-RAコンセプト」が凄すぎた(16枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 品がない

  2. これの市販版が“SVX ”で復活してくれんかいな?