ゴツいSUVはなぜ人気? マツダがCX-5と異なる新型「CX-50」発表! イマのSUVトレンドとは

マツダがオフロード仕様ともいえる新型SUV「CX-50」を2021年11月16日に世界初公開しました。マツダには「CX-5」という売れ筋モデルが存在しますが、なぜあえて同クラスのCX-50を導入したのでしょうか。また、昨今流行りのSUVトレンドとはどのようなものなのでしょうか。

なぜマツダは新型CX-50をオフロード仕様に仕立てたのか

 2021年11月16日に北米でマツダの新型SUV「CX-50」が発表されました。
 
 そのスタイリッシュなデザインは、すでに日本のファンの間でも好評のようですが、残念ながらいまのところは北米専用モデルとなっています。

オフロード志向やアウトドア志向を持つユーザーをターゲットとしたマツダ新型SUV「CX-50」
オフロード志向やアウトドア志向を持つユーザーをターゲットとしたマツダ新型SUV「CX-50」

 新型CX-50のデザインは、まさに現在の北米のニーズを反映したものです。

 北米で人気のSUVを見てみると、トップはトヨタ「RAV4」、それにホンダ「CR-V」、2020年にモデルチェンジした日産「ローグ」が続きます。

 これらと新型CX-50のデザインや性能には、共通したキーワードが存在します。それは「オフロード」です。

 まず、フロントマスクは、マツダのSUV「CXシリーズ」と共通の雰囲気ながら、ブラックアウト化することでヘビーデューティなイメージを構築しています。

 加えてワイド&ロー、かつ分厚い顔というのも、最近のオフローダーの特徴といえるでしょう。

 厳密にはSUVではありませんが、トヨタ「ランドクルーザー(GRスポーツ)」のマスクが典型的なケースといえます。

 また、新型CX-50にも採用されている前後バンパー下にスキッドプレート風の意匠を加えるのも、オフロードテイストを増幅させる手法のひとつとなっています。

 スキッドプレートとは、岩場を走行するときにエンジンや駆動系を守るガードの一種で、岩に接触した時にできるだけ抵抗なく車体が“滑る”ように考えられました。

 本格オフローダーのスズキ「ジムニー」などではお馴染みのパーツですが、SUVではあくまでもフェイクデザインであり、ガード機能は高くはありません。

 またバンパー下部が無塗装の樹脂パーツなのも、オフロード系SUVの特徴です。

 もしオフロード走行でバンパー下部をぶつけてしまっても、下部だけなら容易に交換できるうえ、無塗装なら安く済みます。

 同時にボディ同色よりもタフなイメージも演出でき、一石二鳥というわけです。

 RAV4やCR-V、ローグも、グレードによって無塗装パーツやスキッドプレート風デザインが採用されています。

 フェンダーアーチに無塗装の樹脂パーツを付けるのも定番です。

 新型CX-50の場合は、さらに一歩踏み込んで、樹脂アーチの部分に直線的な造形が施されているのが分かります。

 これは視覚的な力強さを演出しているのと同時に、障害物がヒットしたときにボディの金属部分にダメージを与えないためのガードの役割をしていると考えられます。

 また、新型CX-50の内装を見てみると、ダッシュボードが直線基調で作られているのもオフロードを意識している証しです。

 これは車体が傾斜するような場所を走行したとき、直感的にどれほど傾いているかを把握するためです。

 ランドクルーザーやジムニーなどの本格オフローダーのインパネも同様の観点から直線的にデザインされています。

 オフロード性能もマツダ「CX-5」よりも高められています。

 従来のどのマツダSUVよりも大きなロードクリアランスが持たされているだけでなく、新型CX-50には最新の「i-Active AWD」に「Mi-Drive」という電子制御式トラクションコントロールが採用されています。

 これは「ノーマル」「スポーツ」のほかに「オフロード」をいうモードを設定し、従来よりも強力な脱出性能を確保しているようです。

 ボディカラーもタンやグレーといったアースカラーを複数揃えて、アウトドア派の心を掴みます。

 RAV4はロービジカラーで成功していることから、それをさらに上回る商品力を、というメーカーの意図が垣間見えます。

 発表された映像や写真を見るとエクステリアはフルノーマルではなく、フラットタイプのルーフラックを装着して拡張性をアピールしているのも、アウトドア派の目を惹きます。

 まさに新型CX-50の何から何までが、オフロードやアウトドアを意識したパッケージになっているのです。

【画像】こりゃ凄い! タフ顔な新型SUV世界初公開! CX-50&RAV4の内外装を見る!(41枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント