ルノー、ニュルFF最速モデル「メガーヌR.S.トロフィーR」を東京オートサロンに出展

ルノー・ジャポンは、2020年1月10日から12日の3日間、幕張メッセで開催される世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」に出展すると発表しました。

ニュルブルクリンクでFF車最速タイムを更新したモデルを展示

 ルノー・ジャポンは、2020年1月10日から12日に幕張メッセで開催される世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2020」に出展します。

東京オートサロン2020ルノーブースで発表、展示される「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」
東京オートサロン2020ルノーブースで発表、展示される「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」

 展示されるモデルは、ルノー「メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)トロフィーR」です。

 メガーヌR.S.トロフィーRは、2019年5月にドイツにあるサーキット、ニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)にて、ホンダ「シビックタイプR」が2017年4月に記録した7分43秒80を3秒以上更新する7分40秒100を叩き出し、見事に市販車FFモデル最速の称号を取り戻したモデルです。

 また2019年11月26日におこなわれた鈴鹿サーキットでのタイムアタックでも、先代メガーヌR.S.トロフィーRが記録した2分28秒465を大幅に更新する2分25秒454というニューレコードを樹立しています。

 東京オートサロン2020では、そんなメガーヌR.S.トロフィーRの価格や詳細なスペックなどが発表され、車両が展示されます。

 メガーヌR.S.トロフィーRは、メガーヌR.S.トロフィーに搭載されるエンジンと同じ、300馬力/400Nmを発生する1.8リッター直列4気筒ターボを搭載。6速MTを介し前輪を駆動します。

 5ドアハッチバックながら、リアシートを廃した2シーターで、メガーヌR.S.トロフィーと比べて130kgも軽量化。アクラポビッチのマフラーやオーリンズの車高調整式ショックアブソーバー、ブレンボのブレーキ、さらにR.S.専用のブリヂストン・ポテンザS007タイヤなど、さまざまな専用パーツで武装しています。

 なおルノーブースの場所は、幕張メッセ西ホール1となります。

世界限定500台! 2シーターホットハッチ「メガーヌR.S.トロフィーR」を画像で見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント