街から大自然まで、どこにでも溶け込むNEW「SHUTTLE」の深化とは【PR】

2019年5月10日にマイナーチェンジを行ったばかりの、Honda「SHUTTLE」。1台でONシーン/OFFシーンをこなすだけでなく、多様なライフスタイルに対応できる、ジャストサイズのワゴンモデルです。さらなる魅力を深化させたSHUTTLEに迫ってみました。

ワイド&ローなシルエットは都会に自然と馴染む

 取り回しのしやすい5ナンバーサイズボディー、使いやすく実用的なシートレイアウトと室内空間、そしてストレスのない走りが魅力の「SHUTTLE」。今回、各部を見直すことで、さらなる魅力を深化させました。

 日常のスマートなONシーンから非日常のアクティビティ溢れるOFFシーンまで、使いこなせるNEW「SHUTTLE」の魅力に迫ってみました。

ONシーンからOFFシーンまでどこでもマッチするNEW「SHUTTLE」

 新しいSHUTTLEの最大の特徴となっているのが、エクステリアデザインです。前後バンパーの形状やフォグライト、リアコンビネーションランプのデザインを変更することで、従来よりもワイド&ローなフォルムを強調。

 さらには、一部上位グレードのサイドシルモール、アウターハンドル、そして前後バンパーにクロームメッキパーツを採用して高級感を演出しています。

 そのため、昼はHonda特有の未来感のあるデザイン、夜は明発光のリアコンビネーションランプなどの光の演出といった、SHUTTLEの個性によって、急速に次世代化が進む都市のデザインのなかでも埋没することなく、人の目を惹く魅力のオーラを放っています。

街の夜景と新しいSHUTTLEの個性となったリアコンビネーションランプ

 内装には、シートのデザインを新しくすると共に、セレクターレバーとセンターコンソールポケットにもピアノブラックのパネルを追加。シンプルでモダンな空間で、満足感とくつろぎ感を味わいながらドライブすることが可能です。

 SHUTTLEが進化したのは見た目だけではありません。防音材を見直すことで、静粛性が向上。都会の喧噪のなかでも、マイルーム感覚な空間を得ることができるので、誰にも邪魔されずにビジネスプランに想いを巡らせたり、移動時間でしばしのくつろぎ時間を過ごすことができます。

ONシーンにもマッチするSHUTTLE

 充実した安全運転支援システム「Honda SENSING」は、従来の8機能に加えて、ハイ/ローの切り替えを自動で行う「オートハイビーム(LEDヘッドライト装着車)」機能を追加。交通量の多い都市部においても、煩わしいスイッチ切り替えをおこなうことなく、夜間の安全な視界を得ることができるようになっています。

 今回ドライブした「SHUTTLE HYBRID Z・Honda SENSING」は、アーバンライフをおくるユーザーにとって、さまざまな魅力に溢れたクルマでした。

 例えば、携帯するガジェットの使用が多い現代のビジネスシーンにおいては、車内に電源が多いというのも従来からのSHUTTLEの魅力です。12V電源2口の他、USBソケットを1口装備。パソコンやタブレット、スマホなどを移動中に充電しておけるのは、多忙なビジネスマンにとってはうれしいポイントです。

エアコンに搭載されている「プラズマイオンクラスター」

 またエアコンに「プラズマイオンクラスター」が搭載されており(タイプ別設定)、空気浄化や脱臭、アレルゲンのカットをおこなってくれるのは、ストレスの多い都市生活ではありがたい装備といえます。

 今回のグレードに、新採用された本革シート(メーカーオプション設定)も、ビジネスマンには嬉しいトピックです。ファッションにこだわるビジネスマンにとって、クルマのシートに座った後の埃の付着や、擦れてできるテキスタイルのテカりは困るものです。

 レザーシートであれば、そのようなダメージをビジネスファッションに受けることなく、スタイリッシュに着こなすことができます。

 Hondaらしく洗練されたシンプルデザインのエクステリアも、都市生活のさまざまなシーンをこなすうえでは、魅力のファクターです。

都会にも自然に溶け込むデザインのSHUTTLE

 デザインがことさらにレジャー方向に偏っていないため、ビジネスシーンでの移動はもちろんのこと、ときにはフォーマルなシーンでも気兼ねなく乗っていくことができます。そんなシームレスな雰囲気は、SHUTTLEに乗る大きな理由になります。

 5ナンバーサイズのボディーも、交通事情の厳しい都市部をドライブするときには、大きなメリットになります。最小回転半径は、4.9m(HYBRID Z・Honda SENSINGは5.2m)をキープしているので、細街路の曲がり角や狭い場所の駐車もラクラク。

 また全高は、154.5cm(4WDは157cm)に抑えられており、ビルの立体駐車場にも駐められるのは助かります(※すべての立体駐車場サイズに適合しているわけではありません)。

 街での走りは、「SHUTTLE HYBRID Z・Honda SENSING」が得意とするシーン。渋滞や信号ごとの減速・停止でも、i-DCDハイブリッドシステムなら燃料の消費に苛立つことはありません(2WDのWLTCモード:22.8㎞/L)。

i-DCDハイブリッドシステム特有のシームレスな走りを実現

 またモーターの力強いアシストによって、加速が非常にスムーズ。クルマの流れに遅れをとることなく、快適なアーバンドライブが可能です。

 シームレスでありながら、ビルの谷間に埋没することがない。そんな個性と性能こそが、都会でSHUTTLEに乗る大きな理由になるのではないでしょうか。

都会から大自然までマッチするNEW「SHUTTLE」を見る(51枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事