道路の「カントリーサイン」知ってる? 北海道179市町村すべてに存在! 「玉ねぎ生産量日本一」の街分かる?

北海道の道路には、各市町村の境界に「カントリーサイン」が設置されているといいます。どういったものなのでしょうか。

北海道179市町村すべてに存在! 「カントリーサイン」とは?

 北海道の道路には、市町村の境目に市町村名とイラストの書かれた「カントリーサイン」と呼ばれる看板が設置されています。
 
 どういったものなのでしょうか。

札幌市のカントリーサイン 画像:国土交通省北海道開発局
札幌市のカントリーサイン 画像:国土交通省北海道開発局

 一般的に、道路の都道府県境や市町村境には、都府県名や市町村名が書かれた案内標識が設置されています。

 主要なものでは、都府県名や市町村名が日本語とローマ字で書かれたもののほか、その横に都府県章や市町村章が描かれたものもあります。

 北海道でこの案内標識の役割を担っているのが、「カントリーサイン」です。

 走行中にこの看板を見れば、どの市町村に入ったかが認識でき、その街の特徴を一目で理解することができるなど、地域振興の役割を担っています。

 カントリーサイン設置の経緯について、国土交通省北海道開発局建設部の担当者は以下のように話します。

「カントリーサインの成り立ちは、親しみと潤いのある道路環境づくりをめざして、1990年から道東の観光拠点を巡る国道38号、39号、237号、391号をモデル路線として31市町村で整備が始まりました。

 以後、地方道でも整備が進められていて、現在では利尻、礼文などの離島を含め、北海道179市町村すべてに設置しています」

 このカントリーサインは、それぞれの地域色を打ち出したデザインとなっています。前出の担当者は以下のように話します。

「カントリーサインに用いる図柄は、地元自治体が主体的に決定しているところであります。

 デザインは、利用者にとって分かりやすいものであることに十分留意したうえで、その市町村をPRできる名物、名所、特産物などからイラスト化しデザイン案を複数作成し、他市町村と同じにならないよう調整・決定して設置しています。

 開発局として、カントリサインのデザインについて反応があったもの、人気があるものについては把握しておりません」

 179種類のカントリーサインにはどういったデザインがあるのでしょうか。

 たとえば札幌市は観光名所にもなっている時計台が描かれており、小樽市は小樽運河とガス灯、夕張市では特産品である夕張メロンのイラストが採用されています。

 また網走市はニポポと呼ばれるアイヌの玩具と流氷のイラスト、中富良野町はラベンダーと虹、北見市は玉ねぎ生産量日本一であることとラグビーが盛んであることから、玉ねぎのキャラクターがラグビーボールを持っている個性的なデザインです。

 ほかにも、海沿いのまちは魚介類や海のイラスト、内陸のまちはじゃがいもや玉ねぎなどの青果物、牛や馬などの動物も多く描かれているなど、北海道ならではの特産物が描かれたデザインが多いといえます。

 一方で、整備が始まった1990年以降、北海道では市町村の合併などによって、カントリーサインにもなくなったものや、新しくできたもの、また30年のあいだにデザイン変更されたものなどがあります。

 たとえば室蘭市は、2022年に室蘭港の開港150年と市制施行100年を迎えたのをきっかけに、新しいまちのイメージ発信のためカントリーサインのデザインが変更されました。

 これまでは市のマスコットキャラクターである「くじらん」が描かれていましたが、新しいカントリーサインは、室蘭市の「まちの資源に関する人気投票」で上位に入った白鳥大橋と「やきとり」が、海や空の青や自然豊かな緑など室蘭らしい色で描かれたものです。

 ほかにも、日本一寒い町といわれる陸別町は、町の一大イベント「しばれフェスティバル」のキャラクター「しばれ君」がカントリーサインに描かれていましたが、2011年に「つららちゃん」が新たに誕生したことから、町内5か所に設置されたカントリーサインもしばれ君とつららちゃんが描かれたイラストのものに変更されました。

※ ※ ※

 北海道の「カントリーサイン」は、その市町村の名所や特産品などが描かれており、地域振興に役立てられています。

 ずっと変わらないおなじみのデザインのものはもちろん、まちの変化にあわせて変更されたものもあるため、北海道を訪れた際はカントリーサインを探しながらドライブするのも良いかもしれません。

【画像】「玉ねぎ生産量日本一」の街分かった? 正解を画像で見る!(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント