SUV戦国時代どう戦う? マツダ4番目SUV「CX-30」の発売1か月はどうだったのか

マツダは、国内のSUVラインナップで4番目となる「CX-30」を2019年10月24日に発売しました。国内のSUV市場は、各社から多種多様な新型モデルが登場していますが、後発として登場したCX-30の初動販売はどうだったのでしょうか。

SUVの戦国時代、CX-30の勝算はいかに?

 世界的に続くSUVブームのなかで、マツダは新型クロスオーバーSUVの「CX-30」を2019年9月20日より予約を開始し、同年10月24日から発売しました。

 国内のSUV市場では、コンパクトからフルサイズまで、続々と新型モデルが登場。同時にマツダのSUVラインナップ内でも4番目となる新型「CX-30」の初動販売は、どうだったのでしょうか。

激化するSUV市場に後発として登場したマツダ「CX-30」
激化するSUV市場に後発として登場したマツダ「CX-30」

 マツダは、SUVのモデル名に「CX」という統一したものを使用しています。2019年11月時点では、グローバル市場で6モデルのSUVを販売し、車名順に「CX-3」、「CX-30」、「CX-4(中国など)」、「CX-5」、「CX-8」、「CX-9(北米など)」というラインナップです。

 また、過去には「CX-7」というモデルが存在したほか、東京モータショー2019ではマツダ初のEVとして「MX」を用いた「MX-30」を発表しています。

 国内市場では、CX-5(2012年)、CX-3(2015年)、CX-8(2017年)の順に発売し、2019年にCX-30を投入。一見、すでに3種類のSUVがラインナップされているため、「CX-30の市場投入は供給過多ではないか」という疑問の声もありました。

 しかし、CX-30を導入した経緯について、マツダは「お客さまのなかには、CX-5とCX-3の間となるサイズ感のSUVを希望する声があったほか、販売店からも同様に、販売モデルの隙間を埋めるモデルの要望がありました」と説明しています。

 なおCX-30は、クロスオーバーSUVとしての使い勝手の良さを徹底的に追求し、さまざまなシーンやニーズに応えられる室内の広さを実現しているようです。

 開発主査の佐賀尚人氏は、CX-30の開発背景について、次のように説明していました。

「ライフステージの変化に伴う『人生の転換期』では、家族構成や生活形態の変化からクルマ選びにおいてもニーズが変化していきます。

 そのなかで、多様なニーズを満たしながらも多くのお客さまの何気ない毎日が、主体的で創造性に溢れたものとなるような『世界観を広げるクロスオーバー』として開発しました」

※ ※ ※

 では、発売後の初動はどうだったのでしょうか。マツダは、CX-30の月間販売目標台数は2500台とし、2019年10月の販売台数を2516台(自販連では2525台)だと説明しています。初動の販売状況について、マツダの広報部は、次のように話します。

「10月の数字は、9月24日からの予約の一部などを合わせた数字です。CX-30の社内計画を上回る受注で好調に推移し、ガソリン車とディーゼル車はほぼ半々の割合となっています」

 実際に、CX-30を購入したユーザー属性では、マツダ車からの乗り換えが半数の50%、他銘柄は27%、新規・増車が23%という構成比となり、他銘柄においてはミドルセダン(ガソリン車/ハイブリッド車)やコンパクトハッチバックが多いようです。

 さらに、年代の傾向では、CX-5/CX-8ともに20代から40代に集中しているのに対して、CX-30は30代から60代と幅広い層のユーザーが購入していることが特徴です。

 CX-30が発売された10月は、消費税が10%になった影響もあり、国内の新車市場全体で販売台数が落ち込んでいます。SUV市場で人気のトヨタ「RAV4」は、4月の発売以降、月間6000台から8000台を維持していましたが、10月は3919台に激減しました。

 ほかの売れ筋SUV、ホンダ「ヴェゼル」やトヨタ「C-HR」も10月の台数が2500台から2800台となっていることから、SUVモデルの後発として出てきたCX-30は、新車効果でも台数が低迷したSUVもあるなかでは、成功モデルといえるのかもしれません。

【画像】ライバル多すぎ! 最新SUVモデルを完全比較!

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント