フルハイブリッド搭載で実燃費はどう? スタイリッシュなクーペSUV ルノー新型「アルカナ」の実力【PR】

ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
1625年に開設された海野宿では、「うだつがあがらぬ」の語源にもなっている隣の家との屋根の仕切り「うだつ」がたくさん見られる
ルノー「アルカナ」エクステリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」エクステリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」エクステリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
全長×全幅×全高=4570×1820×1580(mm)で、普段づかいにはちょうど良いサイズ(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」エクステリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」エクステリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノーF1でも採用しているドッグクラッチを使ったトランスミッションを採用、ダイレクトな反応が気持ちのいい運転を可能に
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
アルカナはスタイリッシュなクーペスタイルSUV 今回は信州の小京都「海野宿」へ足を運んだ
ドライブトレインのダイレクト感に見合うスポーティなサスペンションを持っていながら快適性は確保されている
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
長く所有しても飽きずに乗っているオーナーが多いルノー、今回試乗するのは「アルカナ」
ルノー「アルカナ」エクステリア
リアバンパー左右にテールパイプがあるように見えるが、これはスポーティに見せるためのデザイン
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」エクステリア
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ADAS(先進運転者支援システム)も充実していて、最新技術がフル装備といえるレベル
ルノー「アルカナ」インテリア
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
ルノー「アルカナ」インテリア(撮影協力:コロシアム・イン・蓼科)
シート色はブラック、そこへヘッドレストも含めてレッドとグレーのステッチが入り、大人の雰囲気を作っている
ルノー「アルカナ」インテリア
クーペスタイルながらもリアゲートがあり、その中には480Lというラゲッジスペースが存在
ルノー「アルカナ」ラゲッジスペース
ルノー「アルカナ」ラゲッジスペース
ルノー「アルカナ」ラゲッジスペース
E-TECH HYBRIDはフルハイブリッド車、日本では「輸入車唯一のフルハイブリッドSUV(2022年7月時点)」となる
ルノー「アルカナ」と筆者のこもだきよし氏
ルノー「アルカナ」と筆者のこもだきよし氏
長く所有しても飽きずに乗っているオーナーが多いルノー、今回試乗するのは「アルカナ」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事