• くるまのニュース
  • バイク
  • 「スピードはこわくありません!!」女子ウインドサーフィン選手 新嶋莉奈さんがスズキ「Vストローム250」で初バイク!?【PR】

「スピードはこわくありません!!」女子ウインドサーフィン選手 新嶋莉奈さんがスズキ「Vストローム250」で初バイク!?【PR】

 新嶋莉奈さんが見たスズキ「Vストローム250」とは、いったいどんなバイクなのでしょう。彼女にお話しを聞いたモーターサイクルジャーナリストの青木タカオが解説します。

 まず、軽二輪=250ccというクラスでありながら、堂々たる車体に目を奪われます。大柄でどっしりとしたシャシーによる乗り心地の良さと、クラスを超えた快適性は「Vストローム250」の大きな魅力です。

 ライディングポジションもゆったりとし、窮屈さを感じません。上半身が起きた乗車姿勢を生み出すアップライトなハンドルは、グリップが絞り込まれ、細いところにも入っていけます。混雑した市街地では、そのスリムさが武器になります。

Vストローム250 ABS パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー

 車高が高いのは、イージーな悪路も想定しているからで、クルマでたとえるならSUVといったところでしょうか。荒れた道も突き進めるクロスオーバースタイルとしながらも前後17インチの足まわりで、ハンドリングは軽快です。ワインディングでは、クセのないステアリングフィールを活かして、アグレシッブにコーナーを駆け抜けられるでしょう。

 搭載された並列2気筒エンジンは、常用回転域ではトルクフルで扱いやすいパワーフィールです。高速道路で制限速度を守っての100km/hクルージングはトップ6速で7800rpm。最高出力24PSを8000rpmで発揮するので、間もなくピークを迎えようという高回転域ですが、レッドゾーン10,500rpmまでは粘り強く力を振り絞って、ジワジワと速度を上げていきます。スペックだけを見れば物足りないかもしれませんが、実際の走りでは決して非力ではありません。

最高出力24PSを8000rpmで発揮する250ccのエンジンは、10,500rpmのレッドゾーンまで粘り強く力を発揮します。

 ウインドシールドに守られ、風圧で疲れてしまうなんてことがないのも持ち味でしょう。防風効果のあるナックルカバーも標準装備され、両手へ走行風が直接当たらないことは、特に冬場の疲労軽減に役立ちます。

 そして、悪路でも高い適応力を発揮するクロスオーバースタイルとしながらも、前後17インチの足まわりでハンドリングは軽快そのものです。ワインディングではクセのないステアリングフィールを活かして、アグレシッブにコーナーを駆け抜けられるでしょう。

軽快なハンドリングにより、ワインディングから悪路までと、あらゆるシーンに適応するVストローム250

 過不足のない運動性能を持ちながら、センタースタンドやフック付きの大型アルミ製リヤキャリア、純正サイドケース用のアタッチメントなど機能装備が充実し、タフな1台に仕上がっています。セールスも好調で、「Vストローム250」をチョイスする人は質実剛健を好むライダーなのではないでしょうか。選ぶ気持ち、よく分かります。車体価格は57万240円、ABS付き60万2640円です。

8月26日に発売された新型「V-Strom 250 ABS」パールネブラーブラック/ソリッドダズリンクールイエロー
8月23日に発売された新型「V-Strom 250 ABS」パールネブラーブラック/ハイテックシルバーメタリック

8月26日に発売された新型「V-Strom 250 ABS」トリトンブルーメタリックNo.2
8月26日に発売された新型「V-Strom 250 ABS」パールネブラーブラック

>>スズキVストローム250オフィシャルサイトへ

>>「Vストロームミーティング2019」特設ページへ

スズキ「V-Storm」with ウインドサーフィン新嶋莉奈(画像23枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事