スバルの旧車顔「軽バン」がスゴい! 超レトロな「丸目ライト&縦長グリル」がカッコ良すぎ! まるでクラシックカーな「ディアスクラシック」とは

スバルがかつて販売した軽自動車に、レトロな見た目の「ディアスクラシック」というモデルがありました。どのようなモデルだったのでしょうか。

かつて「レトロ風サンバー」が存在していた! どんなモデル?

 スバルがかつて販売していた軽自動車「ディアスワゴン」は、広い車内空間ときびきびとした走りで人気のモデルでした。
 
 同車は1999年にデビューし、2009年まで販売されたのですが、このディアスワゴンや、その先代である「サンバーディアス」に、クラシカルな「レトロ風のモデル」があったことをご存じでしょうか。

丸目レトロなスバル車があった!
丸目レトロなスバル車があった!

「サンバー」は、1961年に誕生したトラックおよびバンです。乗り心地が非常に良いと評価され、一躍人気モデルへと成長しました。

 1966年に2代目、1973年に3代目と次々に新しいモデルが登場し、7代目からはダイハツ「ハイゼット」のOEM車となっています。

 そして現在は8代目が販売され、バン(2022年登場)とトラック(2014年登場)をラインナップします。

 サンバーに「ディアス」の名前が付けられたのは、5代目がデビューした1990年。両側スライドドアの軽ワゴン「サンバートライ」のハイグレードモデルとして「ディアス」が設定されました。

 クラシカルな見た目のディアスは1993年に、「ディアスクラシック」の車名で登場。丸目ライトに縦長グリル、大型フロントバンパーを装備し、1950年代のボンネットバスをイメージしたレトロなデザインが特徴です。

 もともとはテーマパーク用に作成された限定モデルでしたが、市販化を望む声が多く寄せられたこともあり、1993年に正式に販売モデルにラインナップされました。

 ディアスクラシックはかわいらしい見た目が話題となりヒットを記録したほか、ディアスクラシックのコンセプトを踏まえたスバル「ヴィヴィオ ビストロ」も人気になり、クラシカルなデザインのクルマのブームが巻き起こりました。

 サンバーは1999年に6代目へとモデルチェンジ。6代目でもディアスシリーズはラインナップされ、ここで初代のディアスワゴンが誕生します。このディアスワゴンにも、「ディアスワゴン クラシック」という、先代で人気だったクラシックモデルが用意されました。

 ディアスワゴン クラシックは、先代のディアスクラシックと同様の丸目ライトを装備していますが、フロントのグリルは横に大きくなり、大型のクラシカルなフロントバンパーも廃止。1950年代のボンネットバスをほうふつさせる見た目の先代と比べると、「レトロ風味」はやや薄めの仕上がりでした。

 2000年には特別仕様車が登場しましたが、レトロ風ブームが終わっていたこともあり、ディアスワゴン クラシックは思った以上の支持が得られず、残念ながら2002年に姿を消しました。

 その後のディアスワゴンにもクラシックモデルは登場していません。

 一方で、根強いファンが多くいるクルマでもあり、ディアスクラシックやディアスワゴン クラシックに乗り続けているユーザーは少なくありません。中古で出回っている数も少ないため、なかなか手に入らないレア車となっています。

※ ※ ※

 サンバーから派生する形で誕生したディアスクラシックは、クラシカルなボンネットバスをイメージしたレトロ風デザインで人気だったクルマです。

 見た目だけでなく、高い居住性も人気を得た要因となっており、キャンプブームの現在に登場すれば、かなりの人気を集めるかもしれません。

【画像】「えっ…!」これがレトロな斬新「スバルのバン」です! 画像を見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー