なぜ自転車競技にはSUBARU「レヴォーグ」が使われる?「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」で見た“その理由”とは【PR】

ジャパンカップ会場のSUBARUブースにもレヴォーグが展示され大盛況だった
ジャパンカップ会場のSUBARUブースにもレヴォーグが展示され大盛況だった
ジャパンカップ会場のSUBARUブースの模様
ジャパンカップ会場のSUBARUブースの模様
山岳賞を模したレヴォーグは、ロードレースファンからのメッセージが貼られていた
山岳賞を模したレヴォーグは、ロードレースファンからのメッセージが貼られていた
ジャパンカップのロードレース会場では、水玉応援メッセージ入りのレヴォーグも活躍していた
ジャパンカップ会場のSUBARUブースにもレヴォーグが展示され大盛況だった
ジャパンカップ会場のSUBARUブースにもレヴォーグが展示され大盛況だった
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」の出場選手たち
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」のスタート地点
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」のスタート前の様子
「SUBARU LEVORG presents 2022ジャパンカップサイクルロードレース」のスタートの様子
会場でもひときわ存在感を放っていたMAVICニュートラル・サービスのレヴォーグ
会場でもひときわ存在感を放っていたMAVICニュートラル・サービスのレヴォーグ
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レーススタートの瞬間。選手の後に一斉に追いていくレヴォーグは迫力満点
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている(画像はチーム右京のレヴォーグ)
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
ジャパンカップでは2台の白バイも走っており会場を沸かせていた
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
「レヴォーグ同乗試乗」は実際のコースを実際のスピードで体験することができた。特にダウンヒルは想像以上のスピードだ
「レヴォーグ同乗試乗」は実際のコースを実際のスピードで体験することができた。特にダウンヒルは想像以上のスピードだ
山の頂上付近では選手たちの熱いヒルクライムバトルが繰り広げられる
山の頂上付近では選手たちの熱いヒルクライムバトルが繰り広げられる
市街地を走る選手たちの様子
市街地を走る選手たちの様子
ロードレースで周回数などを選手に伝えるためにバイクが走行する
会場でもひときわ存在感を放っていたMAVICニュートラル・サービスのレヴォーグ
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
選手のサポートをするため、チームカーにはスペアバイクとパーツが大量に積まれている(画像は宇都宮ブリッツェンのレヴォーグ)
レヴォーグのチームカーはそれぞれのチームが施したラッピングがデザインされている
選手だけではなく、レヴォーグが通るたびに歓声と拍手がギャラリーから舞い上がる会場
ジャパンカップを制したUCIワールドチーム「EFエデュケーション・イージーポスト」の選手
「2023 BEST OF MISS」の小林有海さん(左)と染谷有理紗さん(右)
筆者(佐藤旅宇)と試乗したレヴォーグ
ロードバイクをルーフに積載した状態のSUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」の車内にはロードバイクが縦積みで積載が可能
SUBARU「レヴォーグ」の車内にはロードバイクが縦積みで積載が可能
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」に初めて試乗する筆者(佐藤旅宇)
エッジの利いたフロントマスクが力強い印象を与えてくれる
エッジの利いたフロントマスクが力強い印象を与えてくれる
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
リアの六連星エンブレムに肘なを近づけると作動する「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
リアの六連星エンブレムに肘なを近づけると作動する「ハンズフリーオープンパワーリヤゲート」
フラットで広々したレヴォーグのラゲッジスペース
ワンアクションで操作できるリアシートを倒せば広大な荷室が現れる
ワンアクションで操作できるリアシートを倒せば広大な荷室が現れる
大型サブトランク(床下の収納)はクラス最大の容量。トノカバーはもちろん、スーツケースなども収納することができる
床下収納はクラス最大の容量。ここにトノカバーも収納することができる
Aピラーの後ろに配された三角窓(画像の赤枠部分)は死角が少ない視界を提供してくれる
SUBARU「レヴォーグ」
ちょうど良いボディサイズだから狭い日本の道路でも運転しやすい
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
SUBARU「レヴォーグ」
スポーティなハンドリングだが、過敏ではないので安心して運転することができる
「アクティブレーンチェンジアシスト」はまるで上手なドライバーがレーンチェンジしたような感覚
前走車との距離を保ったまま走ってくれる「アイサイト・ツーリングアシスト」は、その加減速も絶妙なフィールだ
ロードレースの2日前には山岳ジャージをイメージした水玉の応援メッセージを貼れるイベントが開催された
ロードレースの2日前には山岳ジャージをイメージした水玉の応援メッセージを貼れるイベントが開催された
ロードレースの2日前には山岳ジャージをイメージした水玉の応援メッセージを貼れるイベントが開催された
MAVIC JAPANの村上嘉之氏(写真左側)がレヴォーグの印象を語ってくれた
ロードレースファンは思い思いのメッセージをレヴォーグに貼ることができた
ダッシュボード中央の11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイ
車両周囲に設置されたカメラにより、目視できない部分もモニターに表示することが可能
運転席前の12.3インチのディスプレイ(SUBARUデジタルコックピット)は地図画面の表示も可能
アイサイト・ツーリングアシストは運転席前のモニターでも作動状況を確認できる
渋滞時ハンズオフアシストがあれば、万が一の渋滞でも苦にならない(画像はイメージです)
渋滞時ハンズオフアシスト起動中は運転席前のモニターにも作動状況が表示される

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事