世界10位(※)のタイヤブランド「CST/MAXXIS」の工場がスゴい! 最新技術を結集したアジアンタイヤ工場の実態とは【PR】

「CST」&「MAXXIS」は、オートバックスで扱う中でもっともリーズナブルな価格帯のタイヤだ
CSTブランドのタイヤは軽自動車からSUVまで幅広い乗用車にマッチするタイヤを発売している
Maxxisブランドのタイヤは正新ゴム工業のフラッグシップを担うブランド
正新ゴム工業の厦門(アモイ)工場
CSTのタイヤは合計3回、別々の人による徹底した品質チェックがおこなわれている
X線検査により、タイヤ1本1本を入念に検査。品質管理の厳しさは世界トップクラスだ。
X線検査では、専門の検査員が製造したタイヤに異常が無いか確認する。
この度日本にも上陸した新作オールシーズンタイヤ「メダリオン オールシーズンACP1」
「メダリオン オールシーズンACP1」は全国のオートバックスで既に発売中!
メダリオン オールシーズンACP1
メダリオン オールシーズンACP1
メダリオン オールシーズンACP1
総面積86万m²もの広さを誇るタイヤ試験場「MPG(Maxxis Proving Ground)」
MPGでは高速走行、ダイナミック性能、ブレーキ、騒音、振動、衝撃音、ウェットハンドリング、ハイドロプレーニング、悪路など様々な試験が出来る
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部
CSTのカタログの一部

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事